相性がいいカップルには特徴がある?相性がいい相手を見つけるには

相性がいい人とカップルになりたい!と思っている人は多いでしょう。今の恋人とは相性が悪いのかな…と悩んでいる人もいるかもしれません。しかし、「相性がいい」とは具体的にどういうことなのでしょうか。そこで今回は、相性がいいカップルの特徴や、相性がいい恋人を見つけるためのポイントを紹介します。

  • 「相性がいい」とは?

    「相性がいい人と付き合いたい!」と誰もが思っているもの。しかし、そもそも「相性がいい」とはどういう状態なのかよくわからない…という人も多いのではないでしょうか。

    ということで、まずは「相性がいい」という表現の意味をご紹介します。

    「相性がいい」の意味


    相性がいいカップルとは、お互いが自然体でいられるカップルだと言えるでしょう。ふたりの性格がうまい具合にマッチするので、無理をする必要がありません。

    たとえば、グイグイ引っ張る男性と受け身な女性は相性がいいといえますよね。引っ張るのが片方だけなので、意見が衝突することがありません。また、どちらも意見を主張しないせいで何も決まらない、ということもありません。無理してどちらかが相手の性格を補おうとしなくても、ありのままで補いあえるのです。

    相性がいいカップルには特徴がある


    相性がいいカップルにはいくつかの特徴があります。具体的には「すぐに仲良くなる」「一緒にいて落ち着く」「相手の考えていることが分かる」などなど。普通ならなかなかそうはならないような関係性を、相性がいいカップルはあっさり達成してしまうのです。

    相性がいいカップルは長続きする


    相性が悪いと、どうしても些細なことでお互いに苛立ってしまいます。しかし、相性がいいとあまりそういうことがありません。結果的に関係が長続きして結婚に至り、そこから先も仲睦まじくやっていけることは多いです。恋愛や結婚において、自分と相性がいい相手を選ぶことはとても大切だといえそうですね。
  • 相性がいいカップルの特徴

    相性がいいカップルにはどのような特徴があるのでしょうか。さらに詳しく掘り下げていきましょう。

    笑いのツボが同じ


    「同じことを楽しめる」というのは、カップルにおいてとても大切なことです。たとえば、一緒にテレビを見ていて、自分が笑うところで彼氏や彼女も笑ってくれたら嬉しいですよね。

    というより、笑いのツボが違ったら大変と言った方が正しいかもしれません。一緒にテレビを見ているのに、自分が笑うところで恋人が笑わないって気まずいですよね。そういう小さな積み重ねが、一緒にいることの居心地の悪さにつながってしまうかも。

    お互いに尊敬している


    恋愛をするときには、「相手をどう落とすか」ということが課題になります。そのために、見た目を磨いたりデートでアプローチしたりするわけですよね。しかし、相性がいいカップルはあまりそういう過程を踏んでいません。一緒に過ごすうちに自然に「相手のこういうところが良い」とお互いに思うようになり、惹かれ合っているのです。

    片方がもう片方を落とした結果カップルになると、どうしてもどちらかが優位に立ちがち。しかし、お互いに評価し合って自然と付き合うに至ったカップルはあまりそうはなりません。

    もちろん、一方が優位に立つことで「相性がいいカップル」になっているケースもあるので、一概には言えませんが、お互いが求めあう存在であるのは間違いなさそうです。

    正直に気持ちを打ち明けられる


    どんなカップルにせよ、どちらかが我慢していると長続きしないものです。それに対して、相性がいいカップルはお互いに我慢しません。言いたいことをお互いに口に出せる関係にあるのです。

    これは簡単なことのように見えますが、実際にやろうとするとなかなか大変。「言ったらケンカになるかもしれないから黙っとこ」「ここは面倒だから無視でいいかな」などと考えがち。確かに一時的には平穏は保たれるかもしれませんが、やがてその我慢が爆発するでしょう。

    相手に正直な気持ちを打ち明けることができるのは、相手を信頼しているからです。また、相手ともっと良い関係になりたいと考えているからでもあります。こう考えると案外、相性がいいカップルというのは、努力で実現できるのかもしれませんね。

    無言でも平気


    「恋人と一緒にいるのに無言」と聞くと、「そんなの耐えられない!」と思う人は多いはずです。確かに、付き合いたてであれば、ほとんどの人は無言は避けたいと思うでしょう。

    しかし、相性がいいカップルは早い段階でそれを脱出します。一緒にいるときに少々無言が続いても、別に構わないのです。親友と一緒にいる時と同じような状態になります。

    「親友と同じって、それって本当にカップルなの?」と思う人も多いかもしれませんね。カップルなら一緒にいてドキドキするのが当然、というイメージがあります。しかし、ずっとドキドキする関係は疲れるものです。これでは長続きしないでしょう。

    共通点が多い


    相性がいいカップルは、共通点をたくさん持っています。先ほど紹介した笑いのツボも、ある意味で共通点と言えるでしょう。

    ほかにも、好きな食べ物や休みの日の過ごし方、行きたいデート先などが共通していることが多いです。こういう風に共通点が多いと、衝突することがあまりありません。また、「自分と同じだ」と思えるので、親近感も湧きますよね。

    お互いを補える部分がある


    共通点が多いほうが相性がいい、と先ほど紹介しました。しかし、共通点だけあればよいというものでもありません。たとえば、欠点が共通していたら困りますよね。何か問題が生じたとき、彼氏も彼女も解決できないことになります。

    そのため、相手の弱点を補える部分を持っているカップルは、もっと相性がいいといえるでしょう。特に、恋愛だけではなく、その先の結婚も考えるのであればなおさらです。結婚後はいろんな障害を乗り越えなければなりませんから、お互いの弱点を補えるほうが長続きします。