処女の彼女をどう思う?リアルな男性の本音や結婚への思いを大公開!

  • 実は処女なの…打ち明けるタイミングは?

    ここまでの話で、男性が処女に対してどんな印象をもつのか、だいたい分かってきたと思います。

    次は、処女であることを彼氏に打ち明けたい場合、どんなタイミングでどう伝えるべきかをご紹介します。

    付き合った時


    意中の彼と付き合うことができた時点で、思い切って処女だということを彼氏に打ち明けてみましょう。大人になればなるほど、恋愛が進展するスピードは早まってくるものです。身体の関係に発展するまでそう時間はかからないでしょう。

    「エッチの直前に咄嗟に処女を打ち明ける勇気なんてない!」という女性は、そのときを見据えて付き合いたての時期に打ち明けておいた方が良いかもしれませんよ。

    大人の恋愛にセックスはつきものです。そう考えると、処女であるということは早めに伝えておくべきかもしれませんね。

    初めてセックスをする前


    彼氏と初セックスの予感がしたときに処女であることを告白するのも、良いタイミングだと言えるでしょう。普段のデートではなかなか処女の話題に触れることもないですし、仮にエッチな話をしたとしても打ち明ける勇気は湧かないものですよね。

    セックスをする雰囲気を感じ取ったときは、「処女だから優しくしてね」と男心をくすぐるように打ち明ければムードも高まりますよ。

    セックスが終わった後


    初めてのセックスが終わったあとで、「実は初めてだったんだ」と切り出すのもアリです。ただし、このタイミングの処女告白については賛否両論あります。「処女ならもっと優しくしたのに」とか、「ヤる前に知っておきたかった」と思う男性も出てくるわけです。

    このタイミングで処女を明かすのは、「処女を隠し通そうとしたけど、やっぱりあなたが初めてだと伝えておきたい」と思った場合にしておいた方が良いでしょう。

    普段から自虐的に


    このタイミングはあまりお勧めできませんが、普段から仲間内で下ネタ系の話題になったときに、処女であることを自虐的に話す、という手段もあります。

    ただ、処女を公言してしまうことで、「処女なのに恥じらいの無い下品な女だ」という印象を周囲にもたれる可能性もありますし、さらには処女狙いの遊び人に目を付けられてしまうおそれもありますから注意してくださいね。