癖で相手の深層心理を読み取ろう!脈アリかわかる仕草も紹介【必見】

深層心理とは、心の奥深くにある心理のことだそうですが、これが知らないうちに「癖」として表に出てくるのだとか。だとすると、気になる異性の癖をチェックすれば、脈ありかどうかを判断するヒントが得られるかもしれません。今回は、深層心理の世界と読み取り方についてご紹介します。

  • 人の癖や仕草で深層心理がわかるって本当?

    心理学の話題でしばしば耳にする言葉に「深層心理」があります。漢字から察するに、非常に奥深くにある心理だろうという推測はつきますが、実際にはどのような心理のことを言うのでしょうか。癖や仕草に表れるとも言われる深層心理が、どんな心理なのかを紐解いてみます。

    そもそも深層心理とは?


    深層心理という言葉、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。深層心理とは、人の心のうちの奥深いところにある心理のことを言います。

    深層心理の上、つまり浅い部分には、別の心理があります。これが表層心理と呼ばれる心理。この2つの心理が占める割合は、表層心理が10%に対して、深層心理はなんと90%にもなるのだとか。

    人の心の奥深くで働き、自分自身でも気づいていないのが深層心理の特徴。自分でも気づいていないのですから、普段は意識することがない心理です。したがって、当然のことながら、意識的に操作することもできません。

    潜在意識とは似て非なるもの


    自分で意識している部分が10%で、無意識の状態で作用する部分が90%あると聞いて、「じゃあ、深層心理は潜在意識のこと?」と思った人は多いのではないでしょうか。確かに意識にも2つあり、自分で意識できるのが顕在意識、まったく気づかないのが潜在意識。その割合も同じく1:9と言われます。

    ただし、心理と意識は似て非なるもの。意識は、今自分がしていることや状況がどうなっているかを知らせる感覚です。この意識によって、自分自身にわからせようと働きます。

    それに対して心理は、心に何らかの刺激を覚えたときに、自動的に何らかの感情を抱く反応のこと。勝手に反応していて、感じたくなくても感じてしまうのが心理と言えます。

    深層心理を知れば恋愛が有利に!その理由は?


    深層心理には、自分自身が気づかない思いや感情が込められています。そんな深層心理の特徴は、しばしば癖や仕草となって表に出てくること。そのため、相手をよく観察することで、実際は何を考え、どう感じているかがわかるというわけです。

    恋愛では、相手の心理がわかった方が有利なのは、言わずと知れたことですよね。もし脈アリなら、積極的に打って出ることで両想いになれるかもしれません。

    一方、脈ナシであることに気づかずにいくら頑張っても、振り向いてもらうのは難しいでしょう。深層心理を知れば、早めに見切りをつけて次へいけます。

    相手の深層心理を読み解くことで、自分のペースで恋愛を進めて行ける点も有利と言えるでしょう。