癖で相手の深層心理を読み取ろう!脈アリかわかる仕草も紹介【必見】

深層心理とは、心の奥深くにある心理のことだそうですが、これが知らないうちに「癖」として表に出てくるのだとか。だとすると、気になる異性の癖をチェックすれば、脈ありかどうかを判断するヒントが得られるかもしれません。今回は、深層心理の世界と読み取り方についてご紹介します。

  • 人の癖や仕草で深層心理がわかるって本当?

    心理学の話題でしばしば耳にする言葉に「深層心理」があります。漢字から察するに、非常に奥深くにある心理だろうという推測はつきますが、実際にはどのような心理のことを言うのでしょうか。癖や仕草に表れるとも言われる深層心理が、どんな心理なのかを紐解いてみます。

    そもそも深層心理とは?


    深層心理という言葉、誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。深層心理とは、人の心のうちの奥深いところにある心理のことを言います。

    深層心理の上、つまり浅い部分には、別の心理があります。これが表層心理と呼ばれる心理。この2つの心理が占める割合は、表層心理が10%に対して、深層心理はなんと90%にもなるのだとか。

    人の心の奥深くで働き、自分自身でも気づいていないのが深層心理の特徴。自分でも気づいていないのですから、普段は意識することがない心理です。したがって、当然のことながら、意識的に操作することもできません。

    潜在意識とは似て非なるもの


    自分で意識している部分が10%で、無意識の状態で作用する部分が90%あると聞いて、「じゃあ、深層心理は潜在意識のこと?」と思った人は多いのではないでしょうか。確かに意識にも2つあり、自分で意識できるのが顕在意識、まったく気づかないのが潜在意識。その割合も同じく1:9と言われます。

    ただし、心理と意識は似て非なるもの。意識は、今自分がしていることや状況がどうなっているかを知らせる感覚です。この意識によって、自分自身にわからせようと働きます。

    それに対して心理は、心に何らかの刺激を覚えたときに、自動的に何らかの感情を抱く反応のこと。勝手に反応していて、感じたくなくても感じてしまうのが心理と言えます。

    深層心理を知れば恋愛が有利に!その理由は?


    深層心理には、自分自身が気づかない思いや感情が込められています。そんな深層心理の特徴は、しばしば癖や仕草となって表に出てくること。そのため、相手をよく観察することで、実際は何を考え、どう感じているかがわかるというわけです。

    恋愛では、相手の心理がわかった方が有利なのは、言わずと知れたことですよね。もし脈アリなら、積極的に打って出ることで両想いになれるかもしれません。

    一方、脈ナシであることに気づかずにいくら頑張っても、振り向いてもらうのは難しいでしょう。深層心理を知れば、早めに見切りをつけて次へいけます。

    相手の深層心理を読み解くことで、自分のペースで恋愛を進めて行ける点も有利と言えるでしょう。
  • どこを見る?癖や仕草でわかる深層心理《顔編》

    深層心理は人によってさまざまな場所に、いろいろな癖や仕草となって表れるということがわかりました。そこで、まずは顔に出てくる癖や仕草の特徴と、その意味合いを詳しく見ていくことにしましょう。

    鼻を触る


    顔の中で鼻を触る人はけっこう多いもの。見た目にはまったく違和感を感じさせない行動ですが、実はこれ、嘘をついている時に多い仕草なのだとか。

    そもそも嘘はバレないようにつく必要がありますので、話のつじつまをあわせたり、相手に気取られないようにするなど、いろいろ気を遣う行動です。嘘をついていることが相手にバレないよう、本当は顔全体を隠したいくらいなのですが、それだと不自然極まりないですよね。

    そこで、せめて少しでも顔を隠そうとする深層心理が、顔の中心部分にある鼻を触るという仕草になって出てくるとされています。顔を隠そうとする仕草が見られた時はもちろん、常に癖になっている人は嘘つきの可能性が大です。

    眉毛を触る


    日本人はそれほどでもありませんが、欧米の人は眉を器用に動かして感情を表現することがよくありますよね。つまり、眉毛も心の内を表す顔のパーツとなっています。

    鼻を触るのと同様に、眉毛を触る癖は、本音を隠している時の仕草。眉毛から感情が表れないように、警戒していると言えるでしょう。眉毛は喜怒哀楽を表すパーツなので、異性と向き合っている時には好き嫌いの感情を隠すために、相手が同性なら何らかの疑いを隠したい時だけでなく、退屈している時にも、眉毛を触る仕草が見られます。

    嘘をつくのとは少しニュアンスが異なるものの、本音を隠しているという点では、鼻とリンクしていると言えるのではないでしょうか。

    口を隠す


    口を隠す仕草は、口から出るものを隠したいという心理の表れ。食べながら話をする時にエチケットとして口を隠すことはありますが、話をしているだけなら、話の内容を隠したいという心理から出てくる仕草です。

    話の内容を隠したいのか、話している自分の気持ちを隠したいのかは人それぞれですが、話すという行為の中に、隠したい何かがあるのは確かでしょう。ただし、大言壮語する傾向が見られる人や、その反対に自分に自信がない人は、特に隠したいことがなくても、話すときに口を隠すのが癖となっている場合も多く見られます。

    頭を掻く


    男性がよくしがちな仕草に、照れながら頭をぽりぽりと掻くというのがありますよね。女性の目には好ましく映るこの仕草は、恥ずかしいと感じた時に出てしまうもの。ドラマや映画、漫画などでおなじみなので、大多数の人が予想がついたのではないでしょうか。

    異性を前にしている場合は、照れている時にも出る仕草です。どちらにしても、目の前でこの仕草をされたら、好ましく感じる女性は多いと言えそうですね。