頭がでかいのには原因がある?頭の測り方や小さくする方法を紹介!

人から「頭がでかいね」と指摘されたら、誰でもショックを受けてしまうでしょう。とはいえ、どのくらい大きいと「頭がでかい」と言われるのか、基準を知らない人も多いですよね。そこで今回は、平均的な頭の大きさや、頭のでかさを改善したりカバーしたりする方法について解説していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • 頭がでかいのがコンプレックス…

    「頭がでかいのが気になる」「頭がでかいと言われて傷ついた」という人は、案外多いのではないでしょうか?こうしたコンプレックスはその人の自信を消失させるだけでなく、ヘアスタイルやメイク、ファッションの楽しさを奪ってしまうこともありますよね。

    そんな時は、頭がでかいというコンプレックスを解消できるように工夫をしてみましょう.

    ところで、「頭がでかい」と言われる基準をご存知ですか?基準を知ったら、「自分で思っているよりでかくなかった」「平均的だった」と気づくかもしれません。

    まずは、頭がでかい、小さいの基準についてお話していきましょう。男女別にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    頭がでかい、小さいの基準とは?


    一般的に「頭がでかい」「頭が小さい」と言われる基準は、人によって異なります。隣に並んだ人の頭が小さいと、平均的な大きさでも「頭がでかい」と言われてしまうこともあるようです。明確な基準が設定されていないため、見る人によって認識が異なります。

    ただし、平均的なサイズよりも大きいと「頭がでかい」と言われる機会が増えることは確かです。そのため、コンプレックスを抱えている人はまず、自分が平均的なサイズとどのくらい離れているのかを知る必要があります。

    女性の平均サイズ


    女性の頭のサイズは、約55cmが平均となります。頭周りのサイズだけでなく、頭の縦の長さや横幅も男性より約1~2cmほど小さいです。そのため、女性の平均サイズは男性よりも少しだけ小さいと言うことになります。

    男性の平均サイズ


    男性の頭のサイズは、約57cmが平均となります。女性とほとんど変わらない大きさで、男性の方が身長も高いため、スタイル良く見られることの方が多いです。しかし、平均よりも頭が大きいと「頭がでかい」と思われやすく、自分に合ったヘアスタイルを決めるのが難しくなります。

    男性は規則によっては女性のように髪の毛を伸ばせないこともあるため、ヘアスタイルで頭の大きさを隠すことができないからです。