海外のセックスってどんな感じ?日本との違いや経験談を一挙紹介!

  • 海外と日本のセックスの内容は違うの?

    実際にセックスが始まってからも、海外と日本では異なる点がでてきます。はじめて海外の人とセックスをするときには驚いてしまうことも多く、それによってセックスを素直に楽しめなくなることもあるでしょう。

    では、海外と日本のセックスの内容についてくわしく違いをみてみましょう。

    セックスのスタイルが豊富にある


    日本人のセックスは、セックスの体位などがある程度は決まりきっていて、毎回同じスタイルで行うことが多いです。それに比べて、海外のセックスでは、正常位やバック、騎乗位などのよく行われる体位以外にも、様々な体位をする人もいます。

    また、海外の男性は日本人と比べて体格が良かったり、力も強い人が多いので、女性を持ち上げるなどのアクロバティックなセックスをすることが可能です。

    女性もセックスをリードする


    海外の女性とセックスをしたことのある男性の多くが口を揃えて言うのは、「海外の女性はセックスに積極的だ」ということです。実際に、海外のセックスでは、男性主導ではなく女性主導にセックスをリードしていくことが多くあります。

    日本の女性は受け身の女性も多く、一般に「マグロ」と呼ばれることもありますが、海外では女性がただ受け入れるだけのセックスをすることはあまりありません。

    セックス中にも会話を楽しんでいる


    海外では、セックスの最中にも、「好きだよ」「気持ちいい?」などと甘い雰囲気で会話を行うことが多くあります。相手への愛情や気持ち良さを伝えることで、セックスがいっそう盛り上がるという考えがあるためです。

    なので、海外の人とのセックスでは、普段よりも「気持ち良い」「好き」という言葉を恥ずかしがらずに言うことをおすすめします。それによって相手も気持ちが盛り上がりますし、あなたがセックスを楽しんでいることがわかるので安心するはずです。

    喘ぎ声が大きめ


    喘ぎ声に関しては、とくに女性側に違いが顕著にあらわれています。海外の女性は、獣のような大きな喘ぎ声を出しますが、日本の女性は吐息混じりの喘ぎ声になることが多いです。

    そのため、海外の女性とセックスをした男性は、「喘ぎ声が大きくて驚いた」「聞き慣れていないので違和感があった」と感じる人も多い様子。日本の女性の喘ぎ声に対しては、「かわいい」と感じる海外の男性も多いようです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)