しっかり者の女性はモテる?しっかり者女性の特徴と男性の印象とは

しっかり者の女性はいい奥さんになると、昔から言われますよね。実際のところ、しっかり者の女性は男性にモテるのでしょうか?しっかりすることがモテることにつながるとなれば一石二鳥。今回はしっかり者の女性の特徴や、男性が感じている印象などをご紹介します。

  • 「しっかり者」ってどんな人?

    しっかり者の女性と聞くと、たいていの人がよいイメージを思い浮かべるのではないでしょうか。男女を問わずしっかりした人に対して用いる褒め言葉ですが、どんな特徴を持つ人のことかというと、その基準はけっこう曖昧かも?まずは基本を理解するために、言葉の意味から見ていきましょう。

    「しっかり者」の意味


    しっかり者を漢字では「確り者」と書きます。「不手際がなく配慮の行き届いた人のこと」を意味し、気丈な人という意味も。気丈な人とは心がしっかりしている人のことですので、しっかり者の女性には最適な意味合いですね。

    しっかり者という言い方には、倹約家という意味もあります。倹約家の他にはしまりやといった表現も。倹約家というと、お金に対してしっかりしている女性を連想させますね。これがしまりやとなると、倹約家からまた一段パワーアップした、よりしっかりした印象を受けそうです。

    「しっかり者」の類義語・対義語には何がある?


    類義語には「抜かりのない人」や「よくできた人」といった言い方が使われます。気丈な人という意味で用いる場合には、心丈夫やしたたか者、女性を指して言う時には女丈夫といった言い方も。現代風に横文字を使うなら、「タフな」という言い方も類義語で使われることが増えてきました。

    一方、正反対の意味となる対義語は、しっかりしていないということで、「意気地のない、根性のない、情けない、頼りない」などの表現があります。

    「しっかり者」と言われたら理由を聞いてみよう


    女性に対して「あの人はしっかり者だからいい奥さんになれる」といった言い方をすることもありますよね。そのような場合は、何がしっかりしているのかという理由がはっきりしていることがほとんどです。

    いい奥さんになれる理由は、お金の管理がきちんとできていることかもしれませんし、身の周りの整理整頓が行き届いているからということもあります。あるいは、周囲への気遣いができたり、言葉遣いや礼儀作法がしっかりしていることも。

    人からしっかり者と言われたら、その理由を尋ねるのもいいかも。人がどこを見てしっかり者だと思っているかがわかれば、自分の長所として自信が持てますよね。
  • 何が決め手?しっかり者の女性の特徴とは?

    言葉の意味から似たような表現、さらに正反対の言葉などがわかってくると、女性にはどのような特徴があるのかが気になってきます。そこでしっかり者と呼ばれる女性に見られる特徴を、いくつかご紹介しましょう。

    ザ・しっかり!責任感が強く一生懸命


    安定した思考の持ち主だけに、何事にも一生懸命に取り組み、責任感が強いのが特徴です。仕事はもちろんですが、家事にもまじめに取り組み、責任をもって最後まで仕上げようとします。

    こうしたしっかり者ならではの特徴は、後天的に作られるケースもあるものの、どちらかというと持って生まれた性格という要素が強そう。それだけに本人は一生懸命取り組んでいるとか、責任感が強いといった自覚をあまり持っていない点が大きな特徴と言えますね。

    見れば納得!落ち着いている


    何事にも一生懸命に取り組み、失敗が少ないのもしっかり者の特徴。抜かりなく準備を行うため、いつも落ち着いて見えます。

    とはいえ予期しなかった出来事が起これば、どんな人でも多少なりとも焦るもの。しっかり者も焦ることはあるのですが、周りからはどんな時も落ち着いて冷静に対処しているように見えるのが特徴です。

    しっかりなのはこれがあるから?自分を持っている


    自分の中に確固たる自信がないと、周りの意見や流行に流されがち。あれがいい、これがいいと言われるたびに、あっちフラフラ、こっちフラフラということになってしまいます。

    しっかり者は自分自身の中に核となる考え方を持っていますので、周囲がどう言おうと何が流行ろうと、自分が納得しなければ容易に飛びつくことはありません。とはいえ決して頑固というわけではなく、良いと思えば新しい方法も受け入れます。気に入ったなら、流行を楽しむ柔軟性も持ち合わせているのが特徴です。

    何が自分に必要かを見極められるのは、しっかりと自分を持っているから以外の何物でもないでしょう。

    グレーはダメ?白黒はっきりつける


    日本では昔から、お互いを立てるという考え方を尊重してきました。この考え方が、あえて白黒をはっきりつけないという、日本人ならではの解決の仕方を生み出したと言えるでしょう。

    一方で、時代劇などでは江戸っ子が「白黒はっきりつけようじゃねえか」なんて言っているのを目にすることも多いですよね。この白黒はっきりつけるというのは、しっかり者の特徴のひとつ。中途半端なことが許せない性分なだけに、グレーなままにしておくのがイヤなのでしょう。

    何事もはっきりさせようとするのはしっかり者の良いところですが、あまりにもこだわり過ぎると頑固者と思われそう。そうならないためには、妥協点を持っておくことも必要かもしれませんね。

    周囲の状況把握と気配りができている


    しっかり者の女性は気が利くと言われる最大の理由は、周囲の状況把握が常にできているから。周囲の状況を的確に把握しているため、今すぐ必要なことや求められそうなことを予測して行動します。そのため、気が利く女性や気配り上手な女性といった評価を得やすいのです。

    周囲の状況がわからないと、先を読んで行動するのはむずかしいでしょう。常に一歩先を行く行動がとれるところは、しっかり者の女性に共通する特徴です。

    しっかり者だからこそ!金銭感覚に優れている


    しっかりしているから金銭感覚に優れているのか、それとも金銭感覚に優れているからしっかり者なのかという議論はさておき、しっかり者の女性にお金の管理がきちんとできる人が多いのは、典型的な特徴と言えるでしょう。

    金銭感覚に優れているとは、長期的視野にわたってお金のことを考えられるということ。しっかり者の女性は毎日の買い物で使うお金はもちろん、年単位でお金の出入りを考えられる人でもあります。

    お得になるなら支払い方を柔軟に変える一方で、リボ払いやキャッシングとは縁がないのも、しっかり者の女性のお金に関する特徴と言えるでしょう。