オタク男子の恋愛傾向とは?落とし方や付き合うコツも解説!

  • オタク男子の落とし方とは?

    オタク男子の落とし方は、普通の男子の落とし方とはちょっと異なります。その方法を見ていきましょう!

    オタク男子が奥手なら積極的に!


    オタク男子は草食系男子であることが多いです。もし気になるオタク男子が草食系のようなら、女性のほうから積極的にアプローチしましょう。

    基本的に女慣れしていないので、女性にアプローチされたらすぐに意識し始めます。その意味ではピュアと言えそうですね。

    ただし、あまりにグイグイ行くと趣味に割く時間や労力を奪うことになるのでNG。オタク男子は大抵のことには寛容ですが、趣味の邪魔をされることだけは許さない傾向にあります。

    趣味について話してもらう


    オタク男子のほとんどは、趣味のことを話したいと思っています。自分のことを理解してほしいのです。

    最初はあまり興味がなくても構いませんが、うんうんと聞いてあげるだけでオタク男子は喜びます。興味のない話を聞き続けるのは苦痛かもしれませんが、ここで耐えられなければ、そもそもその相手とのお付き合いを目指すのはやめた方が無難かも…。

    ドキドキ感より安らぎを目指す


    オタク男子は、恋愛のドキドキ感をあまり求めていません。そういうエンタメ的な楽しみ方は、趣味でやればいいからです。

    では彼女に何を求めているのかというと、安らぎです。理解や許容といってもいいですね。一緒にいて苦痛にならないことが最優先なのです。できるだけ一緒に時間を過ごして、彼に安心感を抱いてもらえるようにしましょう。

    告白はなくてもいい


    「なくてもいい」というと言い過ぎかもしれませんが、あまり必要性が高くないのは事実です。少なくとも、女性からはあまり告白しないほうがよいでしょう。

    なぜなら、こちらから告白すると、相手に驚かれる可能性が高いからです。そもそも女性慣れしていないオタク男子は、恋愛面で自信がありません。告白されても、「どうせ自分なんか…」と考えてしまうのです。

    告白よりも大事なのは、先ほど紹介したように、一緒にいて安らげること。そうやって信頼関係を築き、オタク男子が「こんな自分でもいいんだ」と自信を持てるようになれば、向こうから告白してくれる可能性も高いです。なかなか告白してもらえないなら、彼女のほうからうまく促すようなアプローチができれば理想的ですね。
  • オタク男子と上手に付き合うコツはある?

    オタク男子と見事付き合うことになったとしましょう。しかし、そこから先も気をつけるべきポイントがたくさんあります。ということで、オタク男子とうまく付き合うコツを4つご紹介します!

    趣味を否定するのは厳禁


    もし趣味を否定したら、その瞬間にお別れが決定します。少し大げさかもしれませんが、実際にそうなる可能性は高いです。

    オタク男子にとって、趣味はただの趣味ではありません。趣味は生活の中心であり、時間とお金と情熱の大半を費やしているかけがえのないものなのです。趣味の否定は、人格そのものの否定になります。

    小さい頃からの憧れの職業についたのに、彼氏に「そういう仕事の女性はムリ」なんて言われたら傷つきますよね。オタク男子が趣味を否定されるのは、それと同じくらい傷つくのです。

    二人だけのルールを作る


    オタク男子と付き合っていると、なかなか恋人らしい時間を過ごせません。彼が趣味に夢中になっている時間が多いからです。

    そのため、ちゃんと恋人としても過ごせるようにルールを作りましょう。「〇曜日は一緒に出掛ける」「△曜日はそれぞれの時間を過ごす」といった形です。これなら、彼も自分の趣味が粗末にされているわけではないので、受け入れてくれる可能性が高いです。

    コレクションには触れない


    どんな趣味でも、オタク男子は何か集めていることが多いです。アニメのフィギュアかもしれないし、鉄道の模型かもしれません。スポーツ観戦に行った際のグッズもあれば、全巻そろったマンガの場合もあるでしょう。

    いずれにしても共通しているのは、彼女が触ってはいけないということです。仮に同じ趣味を持っていてもNGです。

    それは彼にとって聖域のようなものだからです。そこに土足で踏み入れば、彼女だろうと何だろうと即座に追い出されます。

    彼の趣味に詳しくならない


    これは非常に重要なポイントです。あなたが彼の趣味に詳しくなってはいけません。理由は単純で、彼氏が悔しくなるからです。

    オタク男子は自分の知識に誇りを持っていることが多いです。それを自分の個性だと思っています。そして、個性というのは身近な人間とかぶったり上回られたりしたら、消えてしまうものですよね。

    つまり、あなたが彼の趣味に詳しくなればなるほど、彼の個性を殺すことになります。趣味について理解できる程度の知識は必要かもしれませんが、彼が教えてくれる以上のことは知らないほうが良いでしょう。