オタク男子の恋愛傾向とは?落とし方や付き合うコツも解説!

  • オタク男子の特徴とは《続き》

    オタク男子の特徴はまだまだあります。続きを見ていきましょう!

    趣味以外にガツガツしてない


    オタク男子は趣味以外のことにガツガツしていません。そのため、趣味のことが絡んでさえいなければ、誰かと衝突することはまれです。あまり興味がないので、少々不満があっても「まあいいか」と受け入れてしまうのです。

    そのため、周囲からは優しい人と思われることも多いようですね。ただ、もちろんこのあたりは人によって異なります。たとえば、現実世界が嫌でアニメの世界に閉じこもっているような人は、あまり寛容な性格とはいえないでしょう。

    出費の対象はほぼ趣味


    出費の対象はほぼ趣味だけです。それ以外には最低限の生活費くらいしかかけません。ファッションや食事も、安くて手間のかからないものを選ぶ傾向があるため、必然的に出費は少なくなります。

    ただし、その趣味にどれほどお金を使うかは人によってさまざま。たとえば、家庭用ゲームが好きなゲームオタクはあまりお金がかかりません。7,000円くらいのゲームソフトで数か月以上遊べるからです。

    それに対して、同じゲームオタクでもソーシャルゲームが好きな人は、月に数十万円課金するケースも珍しくないほど。趣味にしかお金を使わないからといって、堅実かどうかは人によって異なるといえるでしょう。

    コミュニケーションが苦手


    オタク男子は趣味が偏っているため、人と話が合わないことが多いです。そのため、友人関係は趣味が合う人に限られたものになります。

    趣味が同じだと、コミュニケーションが苦手でも話はすんなり通じますし、少ないやりとりでも十分に楽しめます。しかし、楽に通じ合える相手とばかり交流していると、コミュニケーション能力が一向に磨かれないので、趣味の合わない人とはどう喋ればいいのか分からなくなりがち。

    こういう人は、職場でも静かにしていることが多いです。飲み会などにもあまり顔を出さない傾向にあります。

    趣味に誇りを持っている


    オタク男子は自分が好きなことに対して深い知識を持っていることを誇りに思っています。「自分はほかの人と違ってこんなことに詳しいんだ!」と思っているわけです。

    そのため、その知識を馬鹿にされると悲しみます。仕事の業績を馬鹿にされるよりも悔しいのです。趣味は自分のアイデンティティですから、それを喪失することはほとんど死んだも同然。

    なので、オタク男子と仲良くしたいのであれば趣味を否定するのはNG。これは恋人であっても友達であっても同じです。
  • なんか可愛い!オタク男子の魅力

    最近、女性たちの恋愛対象として認識されつつあるオタク男子。彼らのどんな魅力が人気なのでしょうか?

    浮気の心配が少ないのが良い


    「浮気する興味も度胸もなさそう」(27歳/女性/公務員)

    オタク男子は浮気をしない傾向にあります。そのため、彼氏の浮気が心配な女性たちは、オタク男子なら安心して付き合えると考えているようですね。

    オタク男子は、別に真面目だから浮気をしないのではありません。まず、興味がないのです。趣味に使う時間を減らしてまで、浮気なんていうどうでもいいものに奔走する合理的な理由がありません。趣味が生活の中心であるオタク男子ならではの考え方ですね。

    また、そもそも奥手なので自分から女性にアプローチできません。よほど言い寄られない限り、浮気はしないでしょう。

    女性に慣れていない感じが可愛い


    「こっちも男性と喋るときは緊張するので、私にはそういう人がちょうどいいかなって」(24歳/女性/食品メーカー)

    趣味に没頭する時間が長いということは、異性と関わる時間が少ないということです。そのため、女性を前にすると緊張してなかなか喋れないことも。

    これを可愛いと思うか気持ち悪いと思うかは、意見の分かれるところですよね。ただ、ガツガツした肉食系男子を怖いを思うタイプの女性は、むしろオタク男子のような控えめな男性に好感を覚えます。

    また、女性に慣れていない分、オタク男子は仲良くなった女性を大事にすることもあります。もちろん実際に大事にしてくれるかどうかは人によってかなり異なるでしょうが、遊び半分で女性に声をかけるような可能性は低いです。

    何かに熱中しているのが好き


    「好きなことに目をキラキラさせてハマっているって可愛くないですか?まあハマる対象次第ですが」(25歳/女性/アパレル関係)

    好きなことに夢中な姿を可愛いと思う女性も。確かに、少年のように何かに夢中になっている姿は魅力的かもしれません。ただ、その対象が女性アイドルだったりアニメの萌えキャラだったら考えものです。

    デート先に困らない


    「好きなものが一緒ならデート先に困らないですよね。イベントとか一緒に行ってみたい」(21歳/女性/学生)

    付き合いたてのカップルが困るのがデート先。相手が楽しんでくれそうな場所を選びたいものですが、なかなか好みが一致しないかもしれません。

    しかし、オタク同士ならデート先は瞬時に決まります。イベントがあればそこに行くでしょうし、特に行きたいところがないなら家で一緒に楽しめばOKですよね。