オタク男子の恋愛傾向とは?落とし方や付き合うコツも解説!

「オタク男子って一途らしいけど本当?」「趣味に忙しくて恋愛には興味ないんじゃない?」などなど、オタク男子のことが気になっているけどよく分からない、という女性は多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、「オタク男子」の心理や上手なアプローチ方法をご紹介します!

  • オタク男子にも様々な種類がある?

    一昔前は「気持ち悪い」というイメージが濃厚だった「オタク男子」ですが、最近ではその魅力に惹かれる女性が増えているといわれています。確かに、普通の男性とは違った恋愛が楽しめそうですよね。そこで今回は、オタク男子との恋愛について考察していきます!

    ただし、一口に「オタク男子」といっても、その種類はさまざま。ひとまとめにするとオタク男子は怒ることが多いので、よく区別しておく必要があります。すべての種類を語りだすときりがないので、ここでは代表的なオタク男子の種類だけ見ていきましょう。

    アニメオタク


    いわゆる「アニオタ」です。アニメの世界に没頭しています。といっても、これもひとくくりにするわけにはいかないようです。

    というのも、アニメが好きなオタク男子がアニメのどこを好きなのかは、人によって結構違うから。たとえば、「夢を見られる」「一つの作品を複数の人間が作り上げていくのが良い」「好きな声優の声が聞ける」などがあります。

    ちなみに、アニオタに「気持ち悪い」というイメージがあるのは、「とにかく可愛い女の子を見たい」「非常に強くてモテる主人公に自分を投影して楽しみたい」という理由でアニメを見ているオタク男子が多いからだといわれています。オタク男子と恋愛したかったら、まずはこの部分を見極めなければなりませんね。

    ゲームオタク


    アニオタとひとくくりにされがちですが、ゲームが好きなオタク男子はまた少し違った特徴を持ちます。彼らは、ゲームをやり込むことに熱意を注いでいるのです。

    冒険もののゲームを徹底的に攻略したり、対戦ゲームで誰よりも強くなろうとするのが特徴です。ゲームを極めるのに必要なテクニックや知識の習得に余念がありません。

    また、ハマっているゲームの種類でも特徴は変わってきます。ネットゲームにのめり込んでいる人もいれば、誰もが知っている家庭用ゲームが子供の頃から大好きという人もいます。この種類によって時間やお金の使い方がかなり変わるので、恋愛をする際には要注意です。

    鉄道オタク


    オタクという言葉を聞いて、割とすぐに思い浮かべる人が多いのが鉄道オタクでしょう。もちろん、これもひとくくりにするのは危険です。電車の姿が好きで撮影するのを楽しむ人もいれば、実際に乗るのが好きな人もいます。

    鉄道オタクは、オタクの中では比較的外出頻度が高いといえるでしょう。こういう男子を恋人にすると、いろんなところに連れて行ってくれるかもしれませんね。

    アイドルオタク


    これは女性にも多いオタクです。男子の場合はAKBのような女性アイドル、女子の場合はジャニーズのような男性アイドルが対象となります。

    男性にも女性にも多いタイプのオタクということで、女性からの意見が真っ二つに分かれるオタクでもあります。「自分以外の女に夢中なんて許せない」という女性もいれば、「自分がジャニーズを好きなのも理解してくれそう」と好意的な意見を持つ女性もいます。女性がこのどちらに属するかで、アイドルオタクの男性との恋愛がうまくいくかどうかが分かれるといえるでしょう。
  • オタク男子の特徴とは

    オタク男子は普通の男子と違った特徴を持ちます。具体的にはどんな特徴があるのでしょうか?

    好きな分野の知識が豊富


    オタク男子は、好きな分野の知識がとにかく豊富です。「どうやってそんなことまで知ったの?」というところまで知っているので、普通の人からは気味悪がられることも。

    たとえば家電オタクだったら、自分が使うわけでもない家電の種類までよく知っており、メーカーごとの特徴や最近の流行といったことまで把握しています。決して実用的な意味で必要だからその知識を習得したのではなく、純粋に好きだから詳しくなっているのです。

    そのため、オタク男子と付き合えば、普通の男子と一緒にいても決して分からないようなことを教えてもらえることも。それが興味を持てる内容なら、かなり充実した関係になるかもしれませんね。

    服装に無頓着な男子が多い/h3>
    人が持つ時間は限られています。どんな人だって、一日は24時間ですよね。

    あることに時間を使えば、別のことには時間を使えないということです。つまり、オタク男子は趣味に時間を使う分、別のことに使う時間を犠牲しています。

    その犠牲にされる代表格が、服装に費やす時間です。もともと大した興味がないうえ、服装にまで気を配っている時間がありません。そんな時間があったら、好きなことの追求に使うでしょう。結果として、服装はダサい感じになってしまうオタク男子は少なくありません。

    生活の中心は趣味


    あなたは、何もしていないときにどんなことを考えていますか?仕事をしているときは仕事のことを考えているでしょうし、友達と出かけたときはそのことに集中するでしょう。しかし、それ以外の時間には、どんなことが頭を占めているのでしょうか。

    一般的には、仕事のことだったり恋愛のことだったりしますよね。それが生活の中心となっているからです。ところが、オタク男子は違います。何もしていないときに頭を占めているのも、やはり趣味なのです。

    したがって、日々の生活は趣味を中心としてスケジューリングされます。まず趣味に使う時間を確保し、空いた時間でそれ以外の雑事をこなすのです。

    一途


    オタク男子は興味がふらふらと変化しません。好きなものはずっと好きな反面、新しいものを好きになることはあまりないです。

    そのため、オタク男子に「いつからその趣味してるの?」と聞くと、「子供の頃から」という人が多いです。趣味の中にゲームや漫画といった子供っぽいものが多いのも、その影響と言えるでしょう。