復縁したけど別れたいのはなぜ?その理由と上手な別れ方を徹底解説

彼と別れた後に復縁したいと思いよりを戻すことに。しかしその結果、再び「別れたい」と思うこともあるでしょう。そんな時はどう対処すべきなのでしょうか?この記事では、上手な別れ方を伝授すると共に、別れたいと思ってしまう理由も徹底解説!後悔しないようにしっかり考えてみましょう。

  • 元彼と復縁したけどやっぱり別れたい…

    「元彼と復縁したい」と思ってよりを戻した結果、「やっぱり別れたい」と復縁したことを後悔したことはないですか?なぜ一度は元彼と復縁したいと思ったのに、再び別れたいと思ってしまったのでしょうか。

    女性の方から元彼に「復縁したい」と迫るケースもあれば、元彼の方から「復縁してほしい」と迫られるケースもありますよね。その時、嬉しいと感じた反面、実は心の奥底で抱えていたものが今になって大きくなってきたのかもしれません。

    今回は、「元彼と復縁したけどやっぱり別れたい…」と感じてしまっている女性に、上手な別れ方をご紹介。また、なぜそう思ってしまったのかの理由についても知り、あなたが奥底で抱えていたものをスッキリさせていきましょう。
  • 復縁したけど別れたいと思う人の特徴とは

    では初めに、「復縁したけど別れたい」と気持ちや考えが変わってしまう人の特徴から見ていくことにしましょう。なぜ「復縁したい」から「別れたい」と真逆の考えに至ってしまったのか、特徴からその原因が見えてくることもあります。

    どんな人だと、復縁したけど別れたいと思ってしまうのでしょうか?

    何事も断れないタイプ


    復縁したけど別れたいと思ってしまう人に、何事も断れないタイプであるという特徴が見られます。人から頼まれたりお願いされてしまうと、つい受け入れてしまうというタイプですね。

    元彼から「やっぱり好きだから復縁したい」と言われ、断れなかったことが考えられます。実際には、元彼に対する気持ちが少なくなっていたり、他に気になる人が既にできていたにも関わらず、断れない性格のために復縁したのでしょう。

    結果、復縁したいと自らが望んでの選択ではないため「別れたい」という思いが出てきてしまうのです。

    感情に左右されて動いてしまう


    復縁したけど別れたいと思ってしまう人には、感情に左右されて動いてしまうという人も多いです。その時に感じた感情のままに行動してしまうため、あとになって冷静に考えた時後悔してしまいます。

    人には、その時その時で感じる感情がありますよね。しかし、時間が経って改めて冷静に考えてみると、「やっぱりこう思う」と真逆の感情が湧くこともあります。その違いが「別れたい」という後悔に繋がってしまうのでしょう。

    寂しがり屋


    寂しがり屋な人も、復縁したのちに別れたいと思ってしまうことが多いです。

    元彼と別れた直後、それまでの思い出がよぎったり「これから一人になっちゃうのか」と思ったことで寂しさを強く感じてしまいます。その寂しさを「好き」と勘違いしてしまい、復縁したいと思ったのでしょう。しかし、復縁しその寂しさが解消された時「あれ?好きじゃないかも…」と気付き、別れたいと思うようになります。

    相手を純粋に思う「好き」と、寂しくて人恋しく思う気持ちは別物ですよね。別れた直後はこの違いが分かりにくくなってしまうため、復縁したのちに気付き後悔してしまうこともあるのです。

    負けず嫌い


    復縁したけど別れたいと思う人の中には、負けず嫌いなタイプの人もいるでしょう。

    例えば、元彼にフラれたという場合です。フラれたことに対し「負けた」と感じた人は、元彼と復縁することでその悔しさを解消することができます。ただし、復縁した時点でその悔しさが解消され、女性の中ではまるでゴールしたかのような感覚になるのでしょう。

    好きで復縁した訳ではなくて、負けた気がして納得がいかなかったことや元彼に勝ちたいという思いから復縁してしまった女性は、復縁したとしても別れたいと感じてしまうのです。

    押しに弱い


    押しに弱いタイプの人も、復縁したけど別れたいと思ってしまう人の特徴です。その場の雰囲気に流されることもですが、元彼の強引な行動や積極的な様子にときめき復縁してしまうこともあるでしょう。

    受け身な人、消極的な人、あまり恋愛慣れしてしない人に見られる特徴でもあります。自らの思いで復縁したいと思っての行動ではないため、後になって後悔したり気持ちがないことに気付き、別れたいと思うようになるのです。