男性が思うエロい服とは?女性のエロい服装のポイント&注意点も紹介

男性が「エロい」と思う女性のコーディネートとは、どのようなものでしょうか。この記事では、男性が思うエロい服の特徴や、エロい服をより魅力的に着こなすためのポイントなどを紹介します。また、「エロい」と「下品」の線引きがどこに存在するのかも詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

  • 男性が思うエロい服の特徴とは?

    男性にセクシーに見られたいときもありますよね。エロいと思われる服を着て、視線を集めて気を引きたいと思うことは、誰にでもあるのではないでしょうか。

    でも、エロい服は、下品な女性だと思われてしまう可能性もあります。一体どんな服なら、清楚かつエロい印象を与えられるのか、徹底的に分析していきましょう。

    ボディラインに沿った形


    男性が「エロい」と感じるポイントは、女性の身体のラインがわかるものではないでしょうか。男性にはない腰の引き締まったラインや、お尻の丸みなどがはっきりとわかる服だと、エロいと感じるでしょう。

    つまり、服を着ていても、脱いだときのラインを容易に想像できるような服装は、エロいと思ってもらえる可能性が高いです。

    腰やお尻には自信がないという女性は、腕がぴったりした服や、タイトなパンツなど、体のどこかのラインに沿ったデザインのものがおすすめです。

    適度に肌見せ要素がある


    あまり広範囲ではなくても、素肌が見える部分があると、エロいと感じさせます。これは、意識している方も多いでしょう。チラリズムと呼ばれるものですね。

    ちらっと見える肌から、見えない部分への妄想が膨らんでいくのかもしれません。

    女性らしい


    何よりも、エロいと感じるポイントは、女性らしい服装であることですよね。どんなに肌を見せていても、男物の服のような強いシルエットだったり、清潔感やおしゃれさが感じられなかったりすると、エロいとはほど遠い印象になります。

    最近はオーバーサイズでカジュアルな服装が流行っていますね。男女ともに、ゆるっとしたシルエットが人気です。しかし、あまりカジュアルすぎると、服にエロい要素がなくなってしまいます。

    肌の色との対比が強い


    チラリと見える肌との相性が良い色の洋服であれば、相乗効果が期待できます。自分の肌の色をより白く見せたい人は、濃いめの色を身体にあててみましょう。黒以外にも、なるべく肌の色をより明るくしてくれる色をチョイスしましょう。

    また、褐色肌に焼くことが好きな女性も、その肌の色を強調できるような色を研究してみると、自分の理想の肌に見える色が見つかるでしょう。