ハムハムキスってどんなキス?その心理と正しい反応の仕方は

ドラマで話題となり、男女ともに人気の高い「ハムハムキス」ですが、どんなキスかご存じですか?この記事では、ハムハムキスをするときの心理や反応の仕方、基本的なやり方から応用テクニックまでご紹介します。気持ちいいキスタイムを過ごしたい人は、ぜひご覧ください。

  • ハムハムするキスってなに?

    唇と唇を重ね合わせて甘噛みをするようにキスをする「ハムハムキス」。何とも可愛らしいネーミングのキスですが、このハムハムキスが相手を虜にしてしまうほど強力なキスであることはご存じですか?

    キスにはいろいろなやり方がありますが、ハムハムキスはディープキスほど深くはないものの、軽いキスと比べるとかなり濃厚で、普段のキスとは違う気持ち良さにハマってしまう人がたくさんいるんだとか。

    今回は、ハムハムキスの基本的な知識や、ハムハムキスをするときの心理などを紹介。ハムハムキスの基本的なやり方から応用までを徹底的にお伝えします。

    相手の唇をはさみ込むキスのこと


    まずはじめに、ハムハムキスとは一体どういうキスなのか、基本的な知識からご紹介していきますね。

    ハムハムキスとは、その可愛らしいネーミングからも何となく想像できるように、唇と唇を重ね合わせてハムハムと甘噛みするようなキスのことをいいます。相手の唇を自分の唇で優しく包み込んだりはさんだり、ときには軽く甘噛みしたり。

    相手の唇の感触やぬくもりを自分の唇全体で感じることができるハムハムキスは、愛情を感じられるキスとしてカップルに人気となっています。

    ドラマのワンシーンがきっかけで話題に


    ハムハムキスというキスのやり方が話題になったのは、ドラマのワンシーンがきっかけです。2014年にフジテレビで放送された、石原さとみさん主演の「失恋ショコラティエ」というドラマで、石原さとみさんと嵐の松本潤さんがハムハムキスをして一気に有名になりました。

    その後、2017年にフジテレビで放送されたドラマ「僕たちがやりました」で、主演の窪田正孝さんと永野芽郁さんがハムハムキスをしたことも話題となりました。

    ハムハムキスは、唇同士をくっつけ合うキスよりも激しく、舌を絡め合うディープキスよりも軽いキスなので、ドラマの撮影で使われるキスとして適しているのかもしれませんね。

    ハムハムキスという名前の由来は?


    今や男女ともに人気のあるキスとなったハムハムキスですが、相手の唇をはさみ込むキスを「ハムハムキス」と言うのはどうしてなのでしょう?

    その名前の由来は、ハムハムキスをするときの唇の動きから来ています。唇をハムハムと動かしながらするキスなので、その様子からハムハムキスと呼ばれるようになりました。

    ハムハムキスは、鳥がエサを食べるときにくちばしでツンツンとつつく様子に似ていることから、「バードキス」と呼ばれることもあるようです。
  • ハムハムキスをするのはどんなとき?

    テクニックらしいテクニックがいらないシンプルなキスであるにもかかわらず、エロい雰囲気や気持ちよさから男女ともに人気が高いハムハムキス。このキスは、どんな心理のときにすることが多いのでしょうか?

    ハムハムキスをするのはどんなときが多いのか、シチュエーションやそのときの心理について体験談をまとめてみました。いろいろなシチュエーションや心理のときにハムハムキスが使われているので、ぜひ参考にしてみてください。

    恋人とイチャイチャしたいとき


    「部屋で彼女と二人っきりになったとき、無防備な彼女が急に可愛く思えて軽くキス。彼女の柔らかい唇の感触が気持ち良くて、イチャイチャしながらずっとハムハムキスをしていました」(27歳/男性/営業職)

    「彼氏とカラオケに行ったとき、イチャイチャしながらハムハムキスをした経験が。ハムハムキスは一度始まるとなかなかやめられないほど気持ちいいです」(24歳/女性/販売員)

    彼氏や彼女とイチャイチャしたい心理のときに、ハムハムキスをすることが多いようです。ハムハムキスは唇の感触やぬくもりをダイレクトに感じ合うことができるキスなので、恋人同士がイチャイチャするときにぴったりのキスですね。

    セックスをするための雰囲気づくりをしたいとき


    「彼とベッドに入ると、必ずハムハムキスが始まります。横になって唇をハムハムし合っていると、最初は眠る気満々だったのに、いつの間にかエッチに突入!という流れになってしまうんですよね」(21歳/女性/大学生)

    「セックスには雰囲気づくりが大事だと思うんですが、その過程で最近よくしているのがハムハムキスです。なるべく長くキスを楽しんでいたいので、ソフトだけどソフトすぎないハムハムキスで雰囲気を少しずつ盛り上げるようにしています」(28歳/男性/美容師)

    ハムハムキスは激しく求め合うようなキスではありませんが、相手の愛情を感じられるキスなので、セックスをするときの雰囲気づくりにはぴったりですね。

    セックスに持ち込みたくないとき


    「彼とのセックスは好きですが、毎日求められるのは正直しんどいんです。さすがにディープキスになってしまうと断りにくいので、そういうときはハムハムキス程度にとどめるようにしています」(24歳/女性/ショップ店員)

    「仕事で疲れているときや夜遅く帰ってきて早く寝てしまいたいとき、セックスはしたくないけどキスで癒やされたいって思ったりすることがあります。そういうときに癒やされるキスがハムハムキスなんです。ディープキスだとセックスしたくなってしまうので(笑)」(33歳/男性/接客業)

    前述した、セックスをするための雰囲気づくりをしたい人たちと正反対の心理ですが、これもなるほどと思える体験談ですね。

    キスをなるべく長く楽しみたいとき


    「ハムハムキス、この間初めて試してみました。試す前は正直ピンとこなかったんですが、やってみてビックリ!今まで味わったことのない感覚にハマってしまい、キスの最長記録をたたき出してしまいました」(30歳/男性/営業職)

    「わたしはキス魔なんですが、ディープキスを長い時間していると口の周りが荒れてきちゃいます。ハムハムキスはずっとしていても全然苦にならないので、なるべく長くキスを楽しみたいわたしにはすごく合ってるんです」(25歳/女性/事務職)

    ハムハムキスは、そのやりやすさと気持ちよさから長めのキスになりやすい傾向があります。キスを思う存分楽しみたいときには最適ですね。