男性に「付き合ってください」と言わせるには?振られない告白方法!

好きな人から「付き合ってください」と言われたい。そう思った事がある人は多いでしょう。そんな夢を叶えるためにも、今回は好きな人から告白される方法をご紹介!男性が付き合いたいと思うような女性像や効果的な告白方法まで、恋愛成就に役立つポイントを解説していきます。

  • 好きな人に「付き合ってください」って言えない!

    好きな人に「付き合ってください」と言えない女性は多いでしょう。告白をしようと思っても、好きな人を前にするとなかなか上手く言えなかったり、勇気が出なかったりすることがほとんど。

    いつまでも「付き合ってください」「好きです」と好きな人に言えない悩みを抱えている人は少なくないでしょう。

    振られるのが怖いと思う女性は多い


    そもそも告白したところで、必ずしもOKをもらえるとは限りません。振られる可能性もゼロではないため、好きな人と気まずくなりたくない、失恋したくないという理由から、なかなか告白できないという人は多いでしょう。

    絶対に振られない告白方法がある?


    絶対に振られない告白方法はあるのかな?と気になる人はいますよね。一度でも告白を考えたことがある人ならば、絶対に振られない告白方法を調べたり、試行錯誤したりした経験がある人もいるでしょう。

    結論から言えば、絶対に振られない告白方法などありません。告白の成功率は、相手との関係やタイミング、アピール方法によって大きく左右されるからです。たとえ同じ告白方法を試したところで、OKを貰える人もいれば、NOと断られる人もいます。

    ただし、少しでも告白の成功率を上げる方法はあります。

    そして、好きな人に「付き合って下さい」と言わせる方法もゼロではありません。やりようによっては、告白の成功率を上げるどころか、相手から告白されることもあるのです。

    「付き合ってください」と言われたい女性がほとんど


    ほとんどの女性は、好きな人から「付き合ってください」と言われたいと思っています。片思いの相手から告白されたい、好きだと言われたい。そんなドラマや少女マンガのような夢を描いている人は決して少なくないでしょう。

    特に女性は、恋愛は男性にリードしてもらいたいと考えている人が大半です。いくら自分の片思いだったとしても、そんな片思いの相手から「付き合ってください」と言われたいと思ってしまうのですね。
  • 「付き合ってください」と言わずに付き合う方法

    女性の中には「付き合ってください」と告白しないまま、どうにかして好きな人と付き合えないだろうかと考えている人もいるでしょう。

    恋愛の形はさまざまで、付き合うためには必ずしも告白が必要なわけではありません。中には「付き合ってください」と言わずに付き合える関係もあります。

    どうしても告白するのが怖いという女性や、告白せずに好きな人と付き合いたいと思っている女性は、これから解説していく「付き合ってください」と言わずに付き合う方法をぜひ参考にしてみてください。

    友達として距離を縮める


    まず大切なのは、友達として距離を縮めるということです。ほとんどの人は、よく知らない相手と付き合おうとは思いません。せめて友達としてある程度仲良くなってから付き合いたいと思うのが一般的です。そのため、相手とまだ親しくなっていない人は、告白するよりもまず、距離を縮めることを考えたほうがいいでしょう。

    友達として距離を縮めていけば、気軽に話したり連絡を取り合えたり、でかけたりすることができますよね。好きな人と接する機会が増えるということは、アピールする機会が増えることを意味します。

    仲良くなっていく中で自分をアピールしていき、好きな人の中で友達から気になる人に昇格できるように頑張っていきましょう。

    好意を匂わせる発言をする


    やや小悪魔的なテクニックですが、勇気があるならば好意を匂わせる発言をして好きな人を翻弄するのが良いでしょう。人は明確に「好きだよ」「付き合ってください」と言われない限り、相手の好意に自信を持つことはできません。しかし、ある程度好意を匂わせられると「もしかして好かれているのかな?」と相手のことが気になり、次第に夢中になっていくのです。

    特に男性は、女性からの好意を意識しやすい人がほとんど。好意を匂わせる発言をすることで、好きな人の興味や好奇心をくすぐり、夢中にさせることができるのです。

    キス以上はお預けにする


    好きな人と仲良くなっていく中で、キスしてしまう人もいるでしょう。ある程度恋愛経験があったり、大人の恋愛をしてきたりすると、わざわざ「付き合ってください」と言ったり「好きだよ」と伝えたりせずにキスや身体の関係になることは珍しくありません。

    好きな人とのキスは非常に甘美であり、とっておきの時間となるでしょう。しかし、できればキスはお預けのほうが吉。好きな人との関係によってはキスをするのが当たり前になってしまうこともあるかもしれませんが、その場合もキス以上の行為はしないように気を付けましょう。

    キス以上の行為をしてしまうと、「付き合わなくても良い」と相手に思わせてしまいます。軽い印象や貞操観念がないという印象も与えてしまうため、恋愛対象として見られにくくなるのも事実。

    キス以上はお預けにすること、そしてできればキスもお預けにしたほうが本命として見られやすくなりますよ。

    たくさんデートをする


    たくさんデートして恋人関係に発展させる方法もあります。ある程度恋愛経験がある人ならば、デートを何度もする関係になると「これって付き合っていることになるのかな」と思うようになるはずです。

    一般的な価値観として、よほど親しい関係でなければ頻繁にデートはしません。一緒に遊ぶことはあったとしても、デートスポットに行ったり、2人きりで会ったりはしないでしょう。

    そのため、2人きりのデートを重ねていけば必然的に恋人っぽい雰囲気ができていき、お互い特別な相手として見られるようになるのです。