都合のいい友達の特徴とは?利用してくる友達への対処法を徹底解説!

  • 都合のいい友達に利用されやすい人の特徴

    では、都合のいい友達はどのような人を利用するのでしょうか?その特徴を4つご紹介しましょう。利用されない人になるために、自分に当てはめて考えてみてください。

    周りの人に優しすぎる


    この記事を読んでいる皆さんの中にも、相手の気持ちを思うあまり、何事も強く否定できずに受け入れてしまう優しさを持っている人は多いでしょう。そういったタイプは、実は都合のいい友達にとっては利用しやすい人なのです。

    何を言っても受け入れてくれると分かっていると、頼み事の回数も増えていくでしょう。しかし、周りの人を甘やかしてしまうような優しさは、自分だけでなく相手のためにもなりません。「もしかして利用されてる?」と感じたら、はっきりNOと言うのも優しさです。

    自分に自信がない


    自分に自信が持てない人は、その自信のなさが表面にあらわれていることがほとんどです。自信がなく、誰からも嫌われたくないと思ってしまうタイプも、都合のいい友達にとっては利用できる人間となってしまいます。

    都合のいい友達は、他人をランク付けして、自分より劣っていると考えた人間を都合よく使う傾向にあります。「この人は私から嫌われるのを恐れている」と見破られてしまうと、途端に「友達でいてあげている」と上から目線で考えるようになるのです。そのため、対等な関係が成り立たなくなり、都合よく使われてしまいます。

    あまり怒らない


    沸点が低く、あまり怒らない人や、怒りを表現することが苦手な人もいますよね。そういったタイプは、都合のいい友達に「何をしても許してくれる人」だと思われてしまうこともあるでしょう。頼み事がしやすかったり、無茶なことを言っても問題ないと判断されてしまいます。

    しかし、友達から都合よく使われることを許容し続けると、知らず知らずのうちにストレスが蓄積されてしまうこともあります。怒りとまではいかなくとも、少しの違和感や不快感があれば、それを本人に伝えてみましょう。

    優柔不断


    物事に対して優柔不断でなかなか決断することができない人は、都合のいい友達にとってはターゲットになりやすい存在です。自分が確立されていない印象を持たれるので、「この人なら流されてくれるだろう」と見下されてしまうのです。

    あなたの道を決めてあげるという口実で、その友達にとって都合のいい行動を取らされてしまうこともあるでしょう。優柔不断な人は、自分が都合よく使われていないか、人間関係を見直してみる必要があります。