長続きしないカップルの特徴【シーン別】長く付き合うコツも伝授!

  • 長続きしないカップルの苦い恋のエピソード

    好きという気持ちがあれば、どんなカップルも長続きすると思っている人もいるでしょう。しかし実際には、次のような長続きしないカップルのエピソードもあります。自身がそうした長続きしないカップルに当てはまっていないか、それぞれのエピソードをチェックしてみましょう。

    一緒にいる時間が長すぎて一人の時間が欲しくなった


    「一緒にいる時間が長すぎて、ふと一人の時間が欲しくなりました。一緒にいるのも時には苦痛に感じるので」(男性/29歳/会社員)

    恋人だからといつでも一緒にいる必要はありませんし、時にはガス抜きをしなければいずれ不満が爆発します。長続きするカップルはこうしたガス抜きが上手いので不満も溜まりにくいのですが、長続きしないカップルはいつでも一緒にいようとするでしょう。

    離れることに対して不満を感じやすいので、一人になりたいといっても文句を言われることも。こうした関係が続けば、一人になりたいと思う気持ちが強くなっても仕方ないでしょう。

    お互いの好きの度合いが違った


    「私は彼のことが好きすぎて、いつでも「大好き」って伝えてました。でも彼との好きの度合いが違ったみたいで、重たいって伝えられました」(女性/30歳/OL)

    付き合っているからといって、お互いの気持ちが同じであるとは限りません。中には彼女(彼)の方が恋人を深く愛しているパターンもありますし、それを押し付けていることもあるでしょう。こうしたカップルは、片方が愛情を重たいと感じやすいため長続きしないのです。

    お互いの好きの度合いが違うのは、普通のカップルでも良くあることです。しかしその愛情が押しつけがましいと、恋人は重さを感じて逃げたくなってしまうでしょう。

    価値観の相違が別れの原因に


    「お金、生活リズム、ファッションなど、とにかく価値観の違いがストレスでしかなかったです。理解を求めてもこちらに理解を求められるばかりで。苦痛しかなかった」(女性/25歳/OL)

    価値観の違いはストレスに繋がりやすく、これは好きという気持ちだけではカバーしきれないものです。始めは「価値観が違ったって」と前向きでいられても、いざその事実を目の当たりにし続けると、段々と心には不満や不安が溜まっていきます。

    これを上手く消化できれば良いのですが、価値観がどれも一致しないとやがて爆発するでしょう。互いの価値観に対して歩み寄れないカップルは、結果として長続きしないのです。

    彼女からの束縛感が嫌になった


    「休みの日には必ずデート、おやすみ前には想いを伝えるLINEなど、約束事が多くて。決めつけが多いと束縛されているようで嫌になりました」(男性/26歳/会社員)

    恋人間で「これをしよう」と決めるのは、何も悪いことではありません。しかしその約束が重たい、叶えづらいなどの場合には、どちらかに不満が溜まるものです。そしてそれを消化、解消できないと爆発します。

    束縛的約束は望んでいない恋人を縛るものです。恋人がのびのびと恋愛を楽しめない状況にあると、不満が溜まり愛情も冷めていくため、こうしたカップルは長続きしないでしょう。

    何でも詮索されて気持ち悪かった


    「俺の知らないことは何でも知りたい彼女。友達といてもLINEで「何してるの」と連絡がきて、正直自由もないのかと気持ち悪かったですね」(男性/33歳/会社員)

    恋人の事なら何でも知りたい、どこにいるのか気になるなど、人によっては詮索してしまうこともあるでしょう。しかしこうした行動は恋人にとって負担になるだけでなく、自分に対する不信感を募らせる原因になります。

    長続きしないのは、こうした詮索癖も関係しているでしょう。長続きするカップルは適度な距離を保ち、相手のことを深く詮索することはありません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)