長続きしないカップルの特徴【シーン別】長く付き合うコツも伝授!

  • 長続きしないカップルの特徴【相性編】

    長続きするためには、互いの相性も重要なポイントになってきます。相性が悪ければどこかでズレが生じますし、衝突も多くなるでしょう。そんな相性について長続きしないカップルの特徴を紹介します。

    体の相性がよくない


    気持ちがあれば体の相性なんてと思う人もいるでしょう。確かにプラトニックな関係を重視するなら、それでも良いと割り切れます。しかしすべての人がプラトニックな関係を望んでいるわけではありませんし、恋人がセックスを重要視しているとも考えられるでしょう。

    セックスを重要視している人にとって、体の相性が悪いと「なかなかイケない」「満足できない(させてあげあられない)」と不満や不安を感じる原因になります。特にセックスでの「イク」という快感は、それだけで大きな満足感をもたらしてくれるものです。

    それが体の相性の悪さによって得られないとあれば、それ以外が円満でも次第に不満を感じるようになります。セックスでどちらかが満足できない関係が続くと、イケない方に強いストレスがかかるため、こうしたカップルは長続きしません。

    長続きしないカップルはお金などの価値観が違う


    将来を考えている人にとって、お金など「物事に対する価値観」が一致するかはとても重要なことです。この価値観が一致してこそ、考え方も行動も理解ができるものとして考えられるでしょう。しかし一致しなければ、相手の考え方も行動も理解できません。

    そのため衝突が増えたり、相手に対する不満も大きくなります。当然衝突が増え不満が大きくなれば、相手への愛情も感じなくなり別れるでしょう。価値観が一致しないだけでも、カップルは長続きしないのです。

    価値観が同じ人同士でないと、人は付き合いにくさを感じストレスを抱えます。例え好きだと思った相手でも、価値観の相違からやがてマイナスイメージを抱くようになるでしょう。

    生活リズムが違うカップルも長続きしない


    価値観が同じで体の相性が良くても、生活リズムが異なると気持ちが離れやすいです。そのため互いの生活リズムが全く合わないカップルも、長続きしない傾向にあります。それだけ恋人と会う時間もLINEをする時間も短くなるため、不満も溜まりやすいのです。

    生活リズムが同じであれば、一緒に食事することもLINEすることも苦にはならないでしょう。しかし生活リズムが違うと、一緒に食事をすることにスケジュールをいちいち確認しなければいけません。またLINEするにも、寝ている時間をさけるとなかなか返信できないでしょう。

    相手と重なる時間が少なければ、当然心は離れていきます。好きだから、相性が良いからという理由だけでは、現実問題を片付けることはできないでしょう。

    気持ちだけで繋がっているカップル


    カップルの中には「好きだから」という気持ちだけで繋がっている人もいるでしょう。相手に不満を持っていても、好きだから一緒にいたいと現実を直視しない。こうしたカップルも長続きしないので注意が必要です。

    長続きするためには互いへの理解や思いやりが必要です。それがなければ、衝突が増えたり不満を抱えたりと悪いことばかりが起こります。恋人同士といっても所詮は他人ですから、嫌な部分も気になる部分もあるでしょう。

    しかしそこから目を背け、好きだからと何でも許してしまうカップルは限界が短いです。何かの拍子で一気に糸が切れてしまうので、理解あるカップルよりも付き合う期間が短くなってしまうでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)