恋人ができる前より頑張る、彼氏のことを知ってもらう…「学生時代に、親に恋愛を反対されないために心掛けていたこととは?」215人に聞いた女性の本音

恋人ができる前より頑張る、彼氏のことを知ってもらう…など「学生時代に、親に恋愛を反対されないために心掛けていたこと」について紹介します。(2014年8月実施 10~20代独身女性215名)

  • 学生時代に、親に恋愛を反対されないために心掛けていたことはありますか? 「成績が落ちないように必死で勉強した」「門限は必ず守っていた」「家事の手伝いなどをすすんで行っていた」「彼氏ができたら必ず親に紹介した」など、具体的にお答えください。

    成績が落ちないように必死で勉強した…(20代女性)


    彼氏は必ず家に連れて行き、一緒にご飯を食べる。(10代女性)


    洗濯物を畳んだり、お風呂掃除を手伝ったりした(20代女性)


    家事の手伝いはしっかりやり、頼まれたことはちゃんとこなす(20代女性)


    学校はしっかり行って、相手もどんな人かちゃんと説明する(20代女性)


    ウソは絶対付かない。彼氏と遊びに行くのに、友達と遊ぶとかいわない。(20代女性)


    とにかく親に恋愛関係のことがばれないようにした。(20代女性)


    さきほどの通りで門限は必ずまもることでしょうか。(10代女性)


    親の心配になりそうなことを考えておく。例えば、門限の時間には必ず帰る。(20代女性)


    彼氏の有無を気取られないよう、実生活や勉強面に支障が出ないよう努力した。(20代女性)


    まじめであるということのアピールはしていた(20代女性)


    彼氏のことをよく親とも話していて、いい人だと思ってもらえた(20代女性)


    例に挙げられていることは全てやってきました。(10代女性)


    成績を落とさないこと。変な趣味を持たないこと。(10代女性)


    進学校に通っていた彼氏だったので、テスト前は部屋で勉強を教えてもらっていた。成績にも直結するので、遊んでいたらバレてしまうため両親も安心してくれる。(20代女性)


    彼氏が出来たら母に、すぐ紹介し家族ぐるみで仲良くなった(20代女性)


    恋人ができてから自分は内面的にも人間的にもちゃんと良い方向へ成長しているから心配しなくて大丈夫だよというアピールのため、恋人ができる前より常に習い事や勉強や家事などを頑張った。(20代女性)


    彼氏ができてもおやにはないしょにしていた。(20代女性)


    彼氏の存在を気づかれないようにする 変な男性とは付き合わない(20代女性)


    遊びに行くとしても誰と、とは言わない。特に彼氏がいることを反対されない(20代女性)


    出来るだけ、まともな男を見つける。そんな経験値を身に着ける。(20代女性)


    親には言わず文句を言われないように隠した(20代女性)


    どこにいくか必ず伝える、生活習慣をだらしなくしない(20代女性)


    門限を必ず守り、彼氏のいいところをよく話す。(20代女性)


    「門限は必ず守っていた」。(20代女性)


    恋愛していることを親にはばれないようにこっそりとしていた(20代女性)


    恋愛の話をするのは面倒だったのでひたすら隠していた(20代女性)


    反対されないために彼氏ができたら親にかならず紹介をした。(20代女性)


    普段の生活をしっかりこなしておいて、安心感をもたせる(20代女性)


    行きたい大学という目標は下げないようにした(20代女性)