彼氏がどんな人か伝える、門限は守る…「学生時代、親に心配を掛けないために恋人とのデートの行動で心掛けていたこととは?」270人に聞いた女性の本音

彼氏がどんな人か伝える、門限は守る…など「学生時代、親に心配を掛けないために恋人とのデートの行動で心掛けていたこと」について紹介します。(2014年8月実施 10~20代独身女性270名)

  • 学生時代、親に心配を掛けないために恋人とのデートの行動で心掛けていたことはありますか? 「○時までには帰る、宿泊はしない」「親に行き先を告げる」「必ず彼氏に家まで送り届けてもらう」など、具体的にお答えください。

    親に行き先をいうが一番じゃないでしょうか(20代女性)


    いつごろ家に戻るかを伝える。帰る頃に電話をする。(10代女性)


    避妊を必ずする、二股などしない、貢がない(20代女性)


    帰りが遅くなりそうだったら、連絡をいれるなどする(20代女性)


    行き先と帰宅時間を教えて、家までは送ってもらわない(20代女性)


    恋人と会うことを言わない。遅くなった場合の連絡はきちんとする。(20代女性)


    夕飯に間に合う時間には帰るようにしていた。(20代女性)


    親に誰とどこに行くか、遅くなる時はしっかり連絡する(10代女性)


    宿泊をするようなデートはしなかった。友達と出かけると言っていた(20代女性)


    どの彼氏とどこにいくのかを具体的に説明する(20代女性)


    門限は必ず守り、もし遅れそうなときは必ずメールか電話する。(20代女性)


    門限は必ず守りました。彼にもそれを守っていただくようお願いしました。(20代女性)


    確かに、門限を守ることが最も重要。これで、親の心配はかなり減る。(10代女性)


    親に行先を必ず告げるようにしていた。また帰りの電車の時間や現在地を併せてメールを入れるなど。(10代女性)


    帰りの時間とご飯はいるかどうか必ず連絡をいれる(20代女性)


    外泊はしない、日付が変わる前に帰宅する、帰るとき連絡をする(20代女性)


    これまで10時の門限を必ず守ってやってきました。(20代女性)


    帰る時間だけは伝えて、帰りはこまめに電車に乗った、とか連絡。(20代女性)


    行き先と帰る時間を伝えていく。帰る時間が近づいたら連絡して、時間通りに帰れるか遅れそうかを伝えれば安心してくれる。(20代女性)


    心がけてもそれ以上に追及、干渉されるので恋愛などできたものじゃなかった(20代女性)


    デート場所を伝える 彼の連絡先を母か姉にだけ教えとく(20代女性)


    母親には行き先を必ず伝えるようにしていました。父には彼氏とのデートであると伝えるほうが心配をかける結果が目に見えていたので、母と適当に話を合わせて友人と出かけたことにしていましたね。(20代女性)


    親に行先を告げるのはあたりまでしたが、まぁだれかとかはいわないですよね(20代女性)


    「宿泊はしない」「親に行き先を告げる」「必ず彼氏に家まで送り届けてもらう」など(20代女性)


    特にない 彼氏の存在を気づかれないようにする 夜遅くならないようにする(20代女性)


    友達の家に泊まってくるーと言って出かけていた。(20代女性)


    何だろうな、連絡は出来るだけマメにしてなるべく嘘つかない。(20代女性)


    親に、彼氏を紹介して、家族ぐるみで仲良くする。(20代女性)


    何も気にしていなかった。常に自分がしたいように行動していた 強いて言うなら止まらずに帰るときは何時にかえるか連絡した(20代女性)


    彼氏とは言わずに、信頼出来る友達の名前をいつも言っていた、(20代女性)