冷却期間はどのくらい置くべき?【状況別】期間の目安と復縁方法!

復縁に必要だといわれる冷却期間ですが、どのくらいの期間を置くべきか分からない人も多いのでは?この記事では、別れた原因などの状況別に目安となる冷却期間をご紹介しています。適切な冷却期間を置くことで復縁を叶えたい人はぜひ読んでみてください。

  • 冷却期間ってどのくらい置けばいいの?

    あることが原因で恋人と仲違いをしてしまったとき、相手から冷却期間を置くことを切り出されたり、あるいは自分から切り出したりした経験がある人も多いのでは?冷却期間は復縁するのに必要な期間だといわれることがありますが、一体どのくらいの期間が必要なのでしょう?

    冷却期間を置かなければいけない状況なのに焦ってしまうと復縁が遠ざかってしまいますし、冷却期間を置かなくてもいい状況なのに必要以上に置いてしまうと、復縁のチャンスを逃してしまいます。

    今回は、復縁するために必要な冷却期間はどのくらいなのか、その目安をさまざまな状況別にご紹介します。復縁したいと考えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

    冷却期間はなぜ必要?その役割とは


    そもそも、復縁に冷却期間が必要だといわれているのはどうしてなのでしょう?復縁までの辛い時期を乗り越えるためには、冷却期間の役割をしっかり理解しておく必要があります。

    冷却期間は、元カレや元カノに対して持ってしまっているネガティブなイメージをポジティブなイメージに変えるためのものです。恋愛関係にあった男女が別れたということは、相手に対してネガティブなイメージを持ってしまったということ。このイメージがある限り、再び恋愛感情を取り戻すのは難しくなります。

    また、別れることになった原因を解決しなければ、せっかく復縁しても再度別れを繰り返してしまうことに。気持ちを整理して二人の関係を冷静に見つめ直すためにも、冷却期間を置くことが大事なのです。

    冷却期間の感覚は男女で違う?


    冷却期間に対する感覚は男女で違うといわれています。これは性別の違いによるもので、男性のほうが女性よりもネガティブなイメージを忘れやすい傾向にあるからだとか。

    女性は過去にあった辛いことや悲しいことをいつまでも覚えていることが多いですが、男性はその逆。嫌な思い出は忘れ、良い思い出だけが残りやすいのです。男性が「思い出に恋をする」といわれているのもこのため。冷却期間を置くことで、男性はネガティブなイメージを忘れやすくなるというわけです。

    一方、女性にとっても冷却期間は有効に働きます。女性はネガティブなイメージを忘れにくいものの、冷却期間を置くことで落ち着きと冷静さを取り戻し、感情的にならずに済むのです。

    冷却期間を置かないとどうなる?


    では、冷却期間を置かないで復縁しようとしたらどうなると思いますか?時間の経過とともにネガティブなイメージを忘れやすくなるという男性でも、忘れるための時間が十分になければ復縁したいという気持ちになるのは難しいでしょう。復縁どころか恋愛感情を取り戻すことすらできないかもしれませんね。

    また、女性のほうも元カレと別れることになった原因と冷静に向き合うことができず、感情的なまま行動してしまうに違いありません。自分の気持ちを整理して元カレとの関係を見つめ直す時間がなければ、結局同じことを繰り返してしまうことになるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)