セックスで濡れないのはどうして?原因や対策法まとめ【女性必見】

セックスをしているとき、何故か濡れなくて気分を盛り下げてしまったり、痛いのを我慢して続けたりしたということはありませんか?この記事では、セックスで濡れない原因や、その対策法を徹底解説!愛液不足で困っているという女性は必見です。

  • どうして濡れないの?愛液で悩む女性は多い

    大好きなパートナーとのセックスのとき、あまり濡れなくて困ったということはありませんか?愛液が不足していると滑りが悪くなり、快感が得られませんし、痛みを感じてしまう場合もあります。

    セックスのことだから、他人に相談し辛く1人で悩んでしまいがち…。しかし、原因がわからないと対処しようにもできません。

    この記事では、セックスで濡れない原因や対策を徹底解説!これらを参考に、気持ちの良いセックスをできるようになりましょう。

    そもそもどうして「濡れる」の?


    そもそもセックスのとき、女性はどうして濡れるのでしょうか?濡れるときに出てくる液は、一般的には愛液と呼ばれることが多いでしょう。正式名称は「膣分泌液」(または膣液)と言い、粘り気があって膣の粘膜を潤す無色透明の液体です。

    この膣分泌液の主な役割は、女性の身体を守ること。膣内に入ってきた細菌やウイルスを、愛液で体の外に流すことが平常時の役割なのです。しかし、セックスのときにおいては、膣内が男性器で傷つくことから守るという役割もあります。いわゆる潤滑油ですね。

    また、この膣分泌液は、セックスをするときは弱アルカリ性となります。男性の精液は弱アルカリ性。膣分泌液が弱酸性だと精子は死んでしまいます。そのため、膣分泌液は少しでも受精する可能性を上げてくれているのです。

    愛液不足は性交痛の大きな原因


    先ほどもお伝えした通り、愛液はセックスをするときに潤滑油の役割をしてくれます。そのため、愛液が不足すると、男性器を挿入する際に痛みを感じてしまうことも…。これが性交痛です。「せっかく彼氏が頑張ってくれているのに、痛いなんて言えない」と気を遣って、痛みを我慢したままセックスをしているという女性もいるのではないでしょうか?

    「どうして濡れないんだろう?」と愛液で悩む女性は意外とたくさんいます。しかし、セックスのことですから、他人にはなかなか打ち明けることができません。そして、そのまま1人で悩みこんでしまうことも。

    原因がわかれば、対策もできます。原因は人それぞれですから、自分にあてはまる原因をしっかりと見極めましょう。

    年齢を重ねると濡れにくくなる?


    よく年齢を重ねると濡れにくくなると言われますが、これは実際どうなのでしょうか?女性は40代を過ぎたあたりから、更年期障害の可能性がでてきます。更年期になると、女性ホルモンが減少し膣の萎縮が表れ始め、膣分泌液の量が減ったり水っぽくなったりします。また、性感帯への愛撫を受けても、刺激に対して感じ方が鈍くなることも…。

    このことから、実際年齢を重ねると濡れにくくなる可能性はあります。しかし、女性ホルモンは、努力次第で増やすこともできるのです。規則正しい生活を送ったり、女性ホルモンと働きが似ている大豆イソフラボンを摂取してみたりすることで、更年期障害を改善すると良いでしょう。