最高に感じるキスをする方法|下準備から詳しいキスの仕方まで大公開

好きな人とキスすると幸せを感じますよね。「最高に感じるキス」ができたら、もっともっと幸せを実感できるでしょう。今回は、最高に感じるキスをするために必要な下準備から、キスの種類別に詳しい方法まで、徹底解説します。これを読めば、最高のキスで好きな人をたちまち虜にできるかもしれません。

  • 恋してる人なら誰もが願う「最高に感じるキスがしたい!」

    好きな人と最高のキスがしたい!と、男女共に誰もが思うことですよね。ただし、実際にやってみると、意外とむずかしいもの。映画やドラマで素敵なシーンを見て、「ああ、こんなふうに素敵はキスができたら最高なのになあ」と思ったこともあるのではないでしょうか。

    そもそも「最高に気持ちいいキス」とは、いったいどのようなキスなのでしょうか?何をどうすれば最高と感じられるのかなど、疑問に思うことだらけですよね。キスの種類はたくさんあるので、何をどうしていいかわからず混乱している人も少なくなさそうです。

    そこで今回は、奥の深いキスの世界を紐解きながら、「最高に感じるキス」をするためのノウハウをご紹介します。
  • キスの前に!やっておくべき下準備をチェックしよう

    恋愛においてしばしば言われるのが、「百年の恋も一瞬で冷める」という表現。キスをするときは相手との距離が非常に近くなるため、百年の恋が一瞬で冷めないように、念入りな下準備が必要でしょう。

    そこでまずは、やっておくべき下準備からチェックしていきましょう。

    口臭ケアは必須中の必須!


    顔を近づけたら、相手の口からなんとも言えないにおいがしてきたら、百年の恋も一瞬で冷めるというもの。しかし、口臭は意外と自分では気づきにくいため、口臭ケアは必須です。

    たとえ唇が触れあってから気づく程度の口臭であっても、口臭がすると気づいた途端にムードはどこへやら、最高に気持ちいい状態とは程遠くなってしまうでしょう。リードする男性はもちろん、受け止める女性のどちらにとっても必須なのが口臭ケアです。

    デートの前には必ず歯磨きをし、一緒に食事をしたあと歯磨きができない時は、ガムを噛んだりブレスケア用のタブレットを用いるなどして、何度も念入りに口臭ケアをしましょう。

    体も触れ合う!体臭のケアも忘れずに


    キスの種類によっては体を離してするものもありますが、たいていのキスは互いの体を密着させて行います。体が密着するなら、口臭と共に、体臭のケアも忘れずに行っておかなければなりませんね。

    特に夏の暑い時期の体臭といえば、汗臭いにおい。特に時間がたった汗のにおいは不快感を抱かせるので、汗っかきの人は要注意です。体質的にワキガの人は、さらに本腰を入れて体臭ケアをする必要がありそう。

    汗以外にも意外とにおうのが、頭皮です。たいていの場合、男性の方が女性よりも高い位置に顔があることが多いでしょうから、女性は特に頭皮が原因の体臭ケアにも注意しておきたいところですね。

    お肌の手入れも抜かりなく


    唇を近づけるとき、女性は目を閉じてリードを任せ、男性はギリギリまで目を開けていることが多いもの。女性は目を閉じている方が可愛らしかったり、可憐な雰囲気になるので、彼の顔が近づいてきたら目を閉じるのがオススメ。

    ただ、彼は目を閉じた彼女の肌を間近で見ることになりますよね。その際、毛穴汚れが目立っていたり、口元にうぶげがびっしり生えていると、幻滅されてしまうかも。

    イマイチな肌の状態を隠そうとこってり厚塗りメイクをするも、間違いなく良い印象は与えないでしょう。普段からお肌のお手入れを欠かさず、デートの前にはより念入りに行うのがベストです。

    男性も女性もリップケアをすべし


    最高に気持ちいいキスをするには、唇のケアが不可欠です。ガサガサの唇だと、相手の唇に傷をつけてしまうかもしれません。男性もせめて薬用リップクリームなどを使って、普段からガサガサ唇にならないようにしておくのがマナーです。

    女性はさらに念入りなリップケアがオススメ。男性はウルツヤな唇を官能的と感じるため、唇を見ただけでエロいと思ってくれる可能性が高いはず。あの魅力的な唇に自分の唇を重ねたいと思うことで期待が高まり、最高に気持ちいいと感じる要因になるでしょう。

    そのためには、事前のケアは非常に重要。男性は女性の唇を傷つけないように、女性は男性を誘うようにケアをするのがポイントです。