育ちが悪い人の特徴とデメリットを解説!指摘されたときの治し方も!

社会で生活するうえで「出来て当たり前」のことはたくさんありますね。しかし、それが出来ない人もいるのです。一般的にそういう人は「育ちが悪い人」と思われてしまうでしょう。では、育ちが悪い人にはどのような特徴があるのでしょうか。改善方法なども併せてご紹介します。

  • 育ちが悪い人は損をする

    「あの人は育ちが悪いな」と思われるのは、非常に印象の悪いことと言えます。育ちが悪いと思われてしまうと大勢での食事はもちろん、趣味で集まる際にも嫌厭されてしまう可能性があるのです。では、育ちが悪いとはどのような人のことなのでしょうか。詳しくみていきましょう。

    「育ちが悪い」の意味とは?


    育ちが悪いとは、成人した人に向けて使われる基本的にネガティブな意味の言葉です。通常大人になるまでの過程で築いてきたであろう教養やマナーが身についていないという意味で使われますね。

    言葉使いが乱暴だったり食事の仕方が汚かったりと、さまざまなシーンで悪い意味で目立ってしまう欠点を「育ちが悪い」と揶揄します。「品がない」と同じような意味で使われることが多いですね。

    しかし、本人は悪気があってしている訳ではありません。中には他人を不愉快にしてやろうとわざと育ちが悪いそぶりを見せる人もいるでしょうが、ごく少数のみでしょう。

    自分ではなかなか気づけない


    自分の育ちの悪い部分というのは、なかなか気が付かないもの。なぜならば、それが普通と思って育ってきたからで、自分なりに違和感なく振る舞っていることが他人から見れば「育ちが悪い」と思われてしまうこともあるのです。

    例えば、食べる時にクチャクチャと音を立ててしまう人がいたとしましょう。親や友人たちがその人の食べ方を指摘してこなかったため、その人はクチャクチャと音を立てて食べるのが「普通」だと思っているのです。

    そして、本人は悪いことをしているつもりがないのですから、気が付いた周りの人もなかなか指摘できませんよね。ですので、自分の育ちの悪い部分というのはほとんどの人が気が付いていないでしょう。

    育ちの悪さは変えられる?


    育ちの悪さは本人だけの責任ではありません。育っていく過程の中で、学ぶべきことを学ばなかったのは自分の責任ですが、言動や態度の悪さは周囲の人が注意してくれなかったことにも原因があるのです。

    たとえ、これまで良い人との出会いに恵まれなかったとしても、本人の心がけと努力次第で育ちの悪さは改善できるでしょう。TPOをわきまえたり、適度に周囲の空気を読む努力から始めてみてはいかがでしょうか。