高齢処女の特徴と心理|処女を卒業する方法や喪失エピソードも紹介

「高齢処女」とは、30歳を超えてセックスの経験がない、つまり処女の女性のことをいいます。今回は、高齢処女に悩む女性たちのために、その特徴や心理を分析し、処女を卒業する方法をご紹介します。高齢処女に対する男性の印象や処女喪失の体験談も、ぜひ参考にしてください。

  • そもそも「高齢処女」ってなに?

    処女を喪失するタイミングは、女性によってそれぞれです。女性をめぐる環境や恋愛の仕方が多様化する現代では、大人になっても処女の女性は珍しくはありません。

    ですが、恋愛経験が豊富な友人や結婚していく女性たちを前にして、人よりも長く処女でいることを恥ずかしく感じている女性もたくさんいます。最近では「高齢処女」という言葉もよく耳にしますが、この言葉もまさに女性たちの悩みの種といえますね。

    そこで今回は、「処女」に悩む大人の女性たちへ向けて、高齢処女の特徴や心理、処女を卒業する方法などご紹介していきます。

    30代以上の処女の女性のこと


    「高齢処女」とは、30代以上で処女を喪失していない女性のことを指す言葉です。

    そもそも「高齢処女」という言葉に明確な定義はありません。30歳という年齢を考えても、高齢といわれるような年代ではないでしょう。ですが、一般的な見方として、30歳以上でセックスの経験がないと驚かれるケースがあるため、「高齢処女」というワードが使われているのかもしれません。

    いま高齢処女が増えている?


    セックスの経験がなく30代に突入した途端に「高齢処女」というレッテルを貼られてしまうのは、なんだか理不尽な気がしますよね。

    「高齢処女」という言葉の由来は定かではありませんが、TBSのドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で登場し、世間に知られるようになったものです。セックスの経験がない、高齢処女の40代後半女性を石田ゆり子さんが演じたことで話題となり、同じ境遇にある大人の女性が意識されるようになりました。

    いくつかのアンケートを参考にすると、30代で処女の割合は20〜30%というデータもあります。つまり30代女性の約3人に1人が「高齢処女」だということです。

    高齢処女が増えている日本の社会的背景


    ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で石田ゆり子さんが演じた役は、仕事に没頭するキャリアウーマンという設定でした。「高齢処女」が増えている理由として、個人の性格や恋愛に対するモチベーションの違いなどは間違いなくあるでしょう。

    ですが、社会全体に目を向けると、女性の社会進出や自立した女性の増加など、独身を謳歌する女性が増えてきているという状況が見えてきます。昔は結婚して家庭をもつことが当たり前と捉えられていましたが、現在はもう違いますよね。

    男性は外に出て働き、女性は家庭を守るという考えにも、「そんなの古い!」と思う人が圧倒的多数でしょう。そうした風潮の変化の中で、「恋愛よりも仕事」や「恋愛よりも趣味」という女性が増えるのは、現代の社会においてごくごく自然な現象であるといるのではないでしょうか。