中学生がLINEで告白するのはアリ?男女別の告白セリフ集を大公開

  • 中学生がLINEで告白するおすすめタイミング

    中学生がLINEで告白するにはタイミングが重要になります。中学生独特のスケジュールがありますから、それに合わせて告白LINEを送らなければなりません。では、具体的にどんなタイミングに告白すればよいのでしょうか。

    相手が一人でいる時間を狙う


    相手が家族や友達と一緒にいる時間帯に送るのはNG。なぜなら、まともに読んでもらえないからです。

    中学生なので、昼間はお互いに学校にいますよね。休日でも部活で学校にいる人は多いでしょう。告白LINEを送るのならその後の時間帯が良いことになります。

    といっても、一人になれる時間は人それぞれ。帰宅したらすぐに一人ということもあれば、部活で遅くまで学校に残っている中学生もいるでしょう。相手がどんなスケジュールで中学生活を送っているのか、よく把握したうえで告白LINEを送りましょう。

    夜21時から22時頃


    いくら一人になれる時間帯だからといって、深夜に送れば間違いなく相手にとって迷惑になりますよね。ではどのくらいの時間帯にLINEを送るのがベストなのでしょうか。

    中学生の場合は、21~22時ごろがベストです。この時間帯なら外にいる可能性は低いですし、まだ就寝していない人が多いでしょう。

    もちろん、本当にこの時間に空いているかは人によって異なります。告白する前に、「今暇?」など聞いておいた方が良いかもしれません。

    朝はNG


    平日は中学校にいるからといって、朝に告白LINEを送るのはもちろんNGです。相手がかなり朝早くから起きていることが分かっているのなら良いかもしれませんが、ほとんどの中学生はそうではないはずです。

    特に女子は、朝の支度に時間がかかります。男子が女子に告白する場合は、朝の忙しい時間帯はまず避けるべきです。また、朝告白するとその直後に学校で顔を合わせるのが気まずいというのもあります。

    中学生ならではの忙しい時期に注意


    告白に限りませんが、相手が忙しいときに負担をかけてはいけません。中学生の場合は、部活の試合を控えているときや、テスト週間などのときですね。こういうタイミングで告白LINEを送ると相手は集中力を奪われるのでNGです。

    迷惑をかけるというだけでなく、告白の成功率を大幅に下げることになります。忙しくて考える余裕がないので、とりあえず断っておこうと思われてしまうわけですね。

    休日の前がおすすめ


    中学生が告白するなら金曜日と土曜日の夜がおすすめです。なぜなら、告白直後に相手と顔を合わせなくてよいからです。

    中学生の恋愛というと、基本的に相手は同じ中学校の生徒ですよね。その場合、嫌でも平日は毎日のように目にすることになります。告白した翌日にすぐ会うのは、断られた場合に気まずいでしょう。

    OKされた場合はすぐにでも会いたいかもしれませんが、別に土日を挟んだって問題があるわけではありません。むしろその土日にどこかに出かけても良いかも。いずれにしても、休日の前に告白するのはリスクが少ない方法と言えます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)