おったまげー!バブル時代に流行った「バブリー言葉」の意味まとめ!

  • バブル時代に流行ったもの《ファッション》

    バブル時代は、言葉だけでなく、ファッションの面でも奇抜さが際立っていました。バブル時代ならではのファッションと言えば何があるのでしょうか。今の若い女性たちと比較してみましょう。

    ソバージュ


    最近「ソバージュ」という言葉は死語になりつつありますが、バブル時代は、大人の女性の髪型といえば「ソバージュ」でした。

    きつめのソバージュをかけ、前髪を大きく立たせる形のヘアスタイルが大流行していたのです。確かに、黒髪ストレートが当たり前だった日本では、かなり個性を強調させることができると言えるでしょう。

    茶髪、ソバージュ、トサカの前髪で、大人の女性のセクシーさを前面に出していたのです。見ためをできるだけ派手にしたがったのは、もしかしたら、当時の日本女性の自信のなさをカバーしていたのかもしれませんね。

    ボディコン


    現代は幅広いファッションジャンルがあり、自分に似合うものや自分が好きなものを、好きなだけ追い求めることができます。

    1980年代は、自分の好きなものよりも、流行に早く乗っかることが大事だったのです。そこで流行りだしたファッションが、「ボディコン」です。

    「ボディコン」とは、バスト、ウエスト、ヒップラインがハッキリとしたファッションのことで、女性たちはボディコンで自分のセクシーさや魅力を発信していたのですね。

    ボディコンを着こなせる女性は女性の目にもカッコよく映り、憧れの的となったのです。

    ワンレン


    今の若い世代は「ワンレン」と言われても、何のことだか分からないかもしれません。ワンレンとは「ワンレングス」の略称であり、前髪と後髪を同じ長さにそろえた状態のヘアスタイルのことを言います。

    前髪を作ると、若さや可愛らしさが出てしまいますが、ワンレンだと、大人っぽくてセクシーな雰囲気が出ますね。ワンレンで髪をかき上げるしぐさが、1980年代ではセクシーだったのです。

    バブル当時の女性たちが、いかに大人っぽく、セクシーに見られたかったかが分かりますね。

    肩パッド


    今の時代で「肩パッド」を愛用している若い女性がいたら、それこそ「おったまげー!」なほど驚いてしまうのではないでしょうか。肩パッドは、男性用スーツなど、男性用の洋服についているパーツで、肩幅を強調することで、いかついイメージを与えますね。

    当時の女性たちが肩パッドをつけていたのは、「強い女性」を表現したかったからだろう、という説があります。なで肩の丸い体型だと守ってあげたくなりますが、肩パッドの入った服を着こなせるような女性には強いイメージがあって、か弱い雰囲気はありません。

    セクシーさで女性を強調していながら、自立した強い女性も表現したい…。女心はいつの時代も難しいですね。
  • バブル時代に流行ったもの《食べ物》

    バブル時代に流行った用語、ファッションを見てきましたが、興味深いものばかりでしたね。まだまだバブル時代に流行ったものを紹介していきましょう。今度はバブル時代に流行った食べ物です。今の流行りの食べ物と見比べてみましょう。

    ナタデココ


    ナタデココは、今では当たり前に使用されるデザートの素材ですが、バブル時代に日本で流行りだした当時は物珍しく、すぐに完売になって手に入らないほどの人気がありました。

    ココナッツの汁を発酵させてゲル状にしたものですが、ナタデココそのものに味はなく、ヨーグルトやゼリーなどと一緒に口に入れて、食感を楽しむ食べ物だと言えるでしょう。

    当時は「ナタデココはイカみたい」と表現する人が多かったのですが、味ではなく歯ごたえにインパクトを感じていたのでしょう。

    日本料理にはない食感が「おったまげー!」な新感覚だったのですね。

    ティラミス


    ティラミスもバブル時代に大流行したデザートです。上品で滑らかな味わいが、今でも根強い人気を誇っています。

    イチゴのショートケーキが主流だった当時の日本のデザート界に、とても強いインパクト与えました。スポンジケーキにはない食感と、生クリームにはない滑らかさがありますよね。

    「おったまげー!」などと叫ぶことができないほど上品さがあるデザートですが、気持ちはみんな「おったまげー!」なほど感動していたからこそ、大流行したと言えるでしょう。

    イタ飯


    「イタ飯(メシ)」と聞いてどう思いますか?「板」の「飯」?和食のことかしら…?なんて勘違いする人も多いでしょう。イタ飯とは「イタリアン」のことです。

    当時の日本では、高級外食と言えばフランス料理でした。しかし、庶民にはなかなか出せない金額ということもあり、大流行することはありませんでした。また、フランス料理はテーブルマナーも厳しい上に、静かにゆっくりと食事しなくてはなりません。

    そこで登場したのが「イタリアン」だったのです。フレンチよりも手軽で安価に楽しめるため、あっという間に浸透していきました。

    フレンチの堅苦しさや高価な値段とは対照的なのに、オシャレ感があり、今でもとても人気のジャンルだと言えるでしょう。

    パンナコッタ


    イタ飯ブームに乗っかって、ティラミスが流行り、その後は「パンナコッタ」の時代が来ました。パンナコッタはつるりとした食感が人気で、ティラミスとはまた違った風味を持っています。

    「おったまげー!」と豪快にしゃべる当時の女性たちも、ティラミスやパンナコッタのような上品なイタリアンのデザートに舌鼓を打っていたのですね。