おったまげー!バブル時代に流行った「バブリー言葉」の意味まとめ!

「おったまげー」と言われて意味が分かるでしょうか。今回は、「おったまげー」をはじめとするバブル用語やバブルファッション、バブル芸能人などを紹介しながら、バブル時代はどんな時代だったのかを検証していきます。バブル時代を知る人も知らない人も、バブル時代の面白さに浸りましょう。

  • 「おったまげー」の意味って?

    もはや死語だったはずの「おったまげ-!」ですが、最近の若者でも使っている人がチラホラいるのだとか。バブル時代を彷彿とさせるネタで人気を得た女性芸人の影響のようです。

    「おったまげ-」は、今の若者にもインパクトを与えるほどの言葉であり、また普段のコミュニケーションでも使うことができる点がメリットですね。

    強烈なインパクトのある言葉ですが、そもそもどんな意味なのかご存知でしょうか。「おったまげー」をはじめ、バブル時代に流行った言葉やファッション、食べ物などを紹介し、バブル時代を楽しく解説していきましょう。

    茨城県の「おったまげる」が由来


    日本人は日本語を使用しますが、同じ日本語でも地方によってなまりがあるので「東北地方の言葉は東京の人には分からない」なんて現象も珍しくありません。

    「おったまげー」の由来は、茨城弁の「おったまげる」という言葉で、「驚いた」「びっくりした」という意味を持ちます。茨城県にゆかりのない人でも、「驚き」に関係した言葉であることは何となく理解できますね。

    「おったまげる」という茨城弁を、当時の若者が使いやすく「おったまげー!」という言葉に変化させたのでしょう。そして「おったまげー!」の方が絶叫しやすいので、盛り上がった場面などで普通に使われるようになりました。

    平野ノラさんのネタで再注目


    「おったまげー!」が流行ったのは1980年代であり、その年代に若者だった人たちは、現在では60歳前後です。それなのに、現代の若者たちにも注目されるようになったのは、女性芸人である平野ノラさんの影響があると言えるでしょう。

    平野ノラさんは、1980年代のバブル時代を彷彿とさせるファッションや、「おったまげー!」などの用語を巧みに使い、「昔こんなことを日本人はやっていた」という時代錯誤の面白さをネタにしてブレイクしました。

    これが、バブル時代を生きた世代の心をつかんだのはもちろん、現代の若者たちにも大ウケし、バブル時代のファッションや用語などが再注目されることになったのです。
  • そもそもバブル時代ってどんな感じだったの?

    「バブル時代はこうだったよね。懐かしいわー」と思い出に浸るのは60歳前後の世代であり、当時子供だった40代、50代は「なんとなく昔はそうだったかな」とうろ覚えしているくらいでしょう。

    1980年代に生まれてもいない現代の若者たちに「バブル時代とは?」と尋ねても、知っているはずがありません。そもそもバブル時代ってどんな感じだったのか、簡単に説明していきましょう。きっと「おったまげー!」なことがたくさんあるはずです。

    海外旅行が当たり前だった


    「みんなお金はあるし、生活にゆとりもあるから、海外旅行は当たり前だった。日本人観光客のマナーが世界中で問題になっていたのが懐かしい」(62歳/女性/工場パート)

    富裕層の中国人が限定品や福袋を爆買いすることが珍しくない現代ですが、1980年代のバブル時代は、日本人が世界中でこのようなことを行っていて、当時は日本人観光客は厄介だと思われていたのです。

    「安・近・短」の安くて近くて短期間で行ける海外旅行が人気の現代ですが、当時はヨーロッパや欧米などに行き、爆買いするほど日本人に余裕があったことが分かりますね。現代の人からすると海外旅行が当たり前なんて「おったまげー!」なのではないでしょうか。

    景気が良く日本全体が浮かれていた


    「高級車に高級時計は当たり前、交際していない女性に物を買ってあげるのはもちろん、合コンで出会った女子にタクシー代として2万円渡すことも珍しくなかった」(67歳/女性/無職)

    仕事が終わったらディスコに出かけ、朝まで騒いでそのまま会社へ向かう…。そんなことが普通に行われていて、景気が良いため、欲しいものが簡単に手に入る時代でもありました。こんな生活ができれば、誰だって浮かれてしまいますね。

    庶民が高級時計や高級車に出を出す時代なのですから、現代人からすると「おったまげー!」と言いたくなるほど驚いてしまいます。

    就職する会社を選べた


    「今は就職難で、良い会社は優秀な人材だけを求めています。バブル時代は会社が人材を必死で集める時代で、説明会がパーティーだったり、リムジンでお迎えがあったりと、今では考えられないようなことが当たり前にあった」(64歳/男性/営業所長)

    バブル時代は、なんと就職率がほぼ100%!入りたい会社にはほぼ入れたのです。会社側が人材を確保するために、あの手この手で接待することが当たり前だったのですね。これだけでも「おったまげー!」な現象ですが、中には「内定祝い」と称し、海外旅行をプレゼントして他社の面接を受けられないようにする会社も存在したのだとか!

    恐るべし、バブル時代…。まさにすべてが「おったまげー!」だったのです。

    お金に苦労する人があまりいなかった


    「臨時ボーナスがよく出ていた。そのボーナスの札束が机に立てられるほど厚かったのを覚えています」(65歳/男性/設計技師)

    バブル時代は、今では考えられないですが、パートにもきちんとボーナスが支給される会社が珍しくありませんでした。また、臨時ボーナスも珍しくなく、ボーナスの額も大きかったため、貧富の差はあるものの、今ほどお金に苦労する人は少なかったと言えるでしょう。

    当時の企業の羽振りの良さは、現代人には「おったまげー!」なほどだったのです。現代では、逆の意味で「おったまげー!」と言いたくなるほど不景気の企業が多いですから、何だかうらやましいですね。