おったまげー!バブル時代に流行った「バブリー言葉」の意味まとめ!

「おったまげー」と言われて意味が分かるでしょうか。今回は、「おったまげー」をはじめとするバブル用語やバブルファッション、バブル芸能人などを紹介しながら、バブル時代はどんな時代だったのかを検証していきます。バブル時代を知る人も知らない人も、バブル時代の面白さに浸りましょう。

  • 「おったまげー」の意味って?

    もはや死語だったはずの「おったまげ-!」ですが、最近の若者でも使っている人がチラホラいるのだとか。バブル時代を彷彿とさせるネタで人気を得た女性芸人の影響のようです。

    「おったまげ-」は、今の若者にもインパクトを与えるほどの言葉であり、また普段のコミュニケーションでも使うことができる点がメリットですね。

    強烈なインパクトのある言葉ですが、そもそもどんな意味なのかご存知でしょうか。「おったまげー」をはじめ、バブル時代に流行った言葉やファッション、食べ物などを紹介し、バブル時代を楽しく解説していきましょう。

    茨城県の「おったまげる」が由来


    日本人は日本語を使用しますが、同じ日本語でも地方によってなまりがあるので「東北地方の言葉は東京の人には分からない」なんて現象も珍しくありません。

    「おったまげー」の由来は、茨城弁の「おったまげる」という言葉で、「驚いた」「びっくりした」という意味を持ちます。茨城県にゆかりのない人でも、「驚き」に関係した言葉であることは何となく理解できますね。

    「おったまげる」という茨城弁を、当時の若者が使いやすく「おったまげー!」という言葉に変化させたのでしょう。そして「おったまげー!」の方が絶叫しやすいので、盛り上がった場面などで普通に使われるようになりました。

    平野ノラさんのネタで再注目


    「おったまげー!」が流行ったのは1980年代であり、その年代に若者だった人たちは、現在では60歳前後です。それなのに、現代の若者たちにも注目されるようになったのは、女性芸人である平野ノラさんの影響があると言えるでしょう。

    平野ノラさんは、1980年代のバブル時代を彷彿とさせるファッションや、「おったまげー!」などの用語を巧みに使い、「昔こんなことを日本人はやっていた」という時代錯誤の面白さをネタにしてブレイクしました。

    これが、バブル時代を生きた世代の心をつかんだのはもちろん、現代の若者たちにも大ウケし、バブル時代のファッションや用語などが再注目されることになったのです。