男嫌いな人の特徴と心理|苦手になった原因と克服する方法も徹底解説

  • 男嫌いな人の特徴

    男嫌いな女性には、共通する点がいくつかあります。男嫌いな人の特徴を見ていきましょう。

    異性への理想が高い


    男嫌いな人は、男性への理想が高い女性が多いです。

    このようなタイプの女性は、男性の見た目や経歴にこだわり、年収などのスペックが高い人しか男性と思っていません。そのため、見た目も経歴も普通クラスの男性のことは、嫌いになってしまう傾向にあります。「スペックが低い人は男らしくなくて嫌い」というのが、このような女性たちの本音です。

    いつも女性と行動している


    いつも女性と行動しているのも、男嫌いの女性の特徴だと言えるでしょう。男嫌いなのであれば、もちろん女同士で行動していたほうが気が楽ですよね。

    男嫌いの女性は男性と関わりを持ちたくないため、同性と一緒に行動しています。特に大人数の女性グループに対しては、男性は入りにくさを感じてしまいますよね。男嫌いの女性はそのことをわかっていて、いつも女性と行動しています。男を寄せ付けないための防衛手段だと言えるでしょう。

    男性がいる飲み会などに参加しない


    学校や職場で男性と一緒に食事をとる機会などがありますが、男嫌いな女性はそのような場所に参加しないという特徴があります。

    このようなタイプの女性は、いろいろと理由を付けて、男性が参加する食事会や飲み会などを断っていることでしょう。大勢が参加する会であれば女性と話していれば良いですが、男性と2人きりというのは特に苦手なはずです。もちろん、仕事上の付き合いで仕方なく参加することはあると思いますが、プライベートの場合は、誘われても絶対に行くことはないでしょう。

    恥ずかしがり屋


    男嫌いな女性は、恥ずかしがり屋だったり極度な人見知りがあるというのが特徴です。

    そもそも恥ずかしがり屋だと、同性と話すことすら難しいかもしれません。それが男性であれば、共通の話題を探すこともさらに難しくなるでしょう。男性とうまく話すことができない、話が進まず気まずくなるのが怖いという思いから、男の人が苦手になっていってしまうのです。

    男性不信


    家族や恋人など、身近な男性に裏切られてしまった女性は、男性のことが信じられなくなってしまうことがあります。男性不信になることで、男嫌いになる女性は多いでしょう。

    すべての男性が信じられないわけではないと頭では理解していても、男性に裏切られたことをなかなか忘れられることができません。もう二度と裏切られたくないと思いから、男嫌いになってしまうのです。