好きとはどんな気持ち?好きの意味&定義と自分の気持ちの確かめ方

恋する気持ちを忘れてしまった。あるいは恋愛経験がゼロです!という人は、好きとはどんな気持ちなのかわからないのは無理もありません。この記事では、好きとはどういうことなのか意味から入り、エピソードなども交えながらご説明していきます。

  • そもそも好きとはどんな意味?

    「好きって何だっけ?」とわからなくなってしまったことのある人は少なくないのではないでしょうか。人を好きになる気持ちは、うまく言葉で説明するのは難しいですよね。

    好きとはどのような気持ちのことを指すのかわからない、あるいはわからなくなってしまった人のために、好きという気持ちについて解説します。

    まずは好きとは何なのか、その意味や定義についておさらいしましょう。

    好きの意味と定義


    好きとは、「気に入ること」や「惹きつけられること」を意味する言葉です。人や物事に対して肯定的に捉える際に使います。好きの反対は「嫌い」で、否定的な意味合いで使うことがほとんどです。

    人に対してだけでなく、例えば食べ物や色、動物、音楽などあらゆるものに対して日常的に使うため、好きとはかなり幅広い物事に使えるありふれた言葉であるとも言えるでしょう。

    好きとは恋愛感情以外にも使う言葉


    人に対して使う好きとは、恋愛感情を表すためだけでなくやはり様々な関係性において登場する言葉です。例えば「うちの上司は面倒見がよくて好き」「お母さんが好き」「友達大好き」など、普段関わりのある相手になら誰にでも使うことができますよね。

    この場合、同じ好きでも「好きだから付き合いたい」の好きとはまったく違った感情です。だからこそ、恋愛における好きとはどういう気持ちのことをいうのか、よくわからなくなってしまうのかもしれません。

    恋愛における好きとは理由のない感情


    例えば食べ物に対するの好きの場合、「味が好み」「食べやすい」「食感がいい」など好きな理由を簡単に挙げられるのではないでしょうか。ところが、恋愛感情の好きとは自分でも説明ができないものであることがほとんどです。

    自分でもなぜ好きなのかわからないけど、恋に落ちてしまった。このように、恋愛における好きには説明できる理由がなく、一般的な好きとは違う特別な感情であることが大きな特徴と言えるでしょう。