空気が読めない人の特徴とは?困ったエピソード&対処法もご紹介

「空気が読めない人って、なんでこんなに空気が読めないんだろう…」と疑問を持ったことがある人もいるでしょう。そこで今回は、空気が読めない人の特徴や行動に注目してみました。特徴や行動を知れば、なぜ空気が読めないのかの理由が分かるかもしれません。また、空気が読めない人への対処法も紹介します。

  • 「空気が読めない」とはどういうこと?

    空気が読めない人のことで悩んでいる人は珍しくないでしょう。一昔前に「KY(空気が読めない)」という言葉が流行ったほど、問題視している人は多いと言えます。

    しかし、中には「空気が読めないって具体的にどんなことなの?」と疑問に思っている人もいますよね。どういうことを「空気が読めない」というのか、まずは基本的な意味について見ていきましょう。

    「空気が読めない」の意味


    「空気が読めない」とは、その場の雰囲気や、周りの人の表情や反応にそぐわない言動をしてしまうことを指します。

    たとえば、誰かが映画館で大声で喋っていたら、空気が読めない人だと感じる人は多いでしょう。映画館は静かにしなくてはいけない場所ですし、周りの人は迷惑そうな顔をするものです。しかし、そんなことはお構いなしで振る舞っている人がいると、多くの人は「空気が読めない人」だと感じるでしょう。

    そういった、周りの人のことを考えずに行動や発言をしてしまう人や、その言動のことを、「空気が読めない人」「空気が読めない行為」と言います。