空気が読めない人の特徴とは?困ったエピソード&対処法もご紹介

「空気が読めない人って、なんでこんなに空気が読めないんだろう…」と疑問を持ったことがある人もいるでしょう。そこで今回は、空気が読めない人の特徴や行動に注目してみました。特徴や行動を知れば、なぜ空気が読めないのかの理由が分かるかもしれません。また、空気が読めない人への対処法も紹介します。

  • 「空気が読めない」とはどういうこと?

    空気が読めない人のことで悩んでいる人は珍しくないでしょう。一昔前に「KY(空気が読めない)」という言葉が流行ったほど、問題視している人は多いと言えます。

    しかし、中には「空気が読めないって具体的にどんなことなの?」と疑問に思っている人もいますよね。どういうことを「空気が読めない」というのか、まずは基本的な意味について見ていきましょう。

    「空気が読めない」の意味


    「空気が読めない」とは、その場の雰囲気や、周りの人の表情や反応にそぐわない言動をしてしまうことを指します。

    たとえば、誰かが映画館で大声で喋っていたら、空気が読めない人だと感じる人は多いでしょう。映画館は静かにしなくてはいけない場所ですし、周りの人は迷惑そうな顔をするものです。しかし、そんなことはお構いなしで振る舞っている人がいると、多くの人は「空気が読めない人」だと感じるでしょう。

    そういった、周りの人のことを考えずに行動や発言をしてしまう人や、その言動のことを、「空気が読めない人」「空気が読めない行為」と言います。
  • 空気が読めない人の特徴

    次は、空気が読めない人の特徴について見ていきましょう。

    一般的に、どんな人を「空気が読めない人」というのか、空気が読めない人に当てはまる特徴を解説していきます。

    空気が読めていない自覚がない


    そもそも空気が読めない人は、自分が空気を読めていないという自覚がありません。周りの状況や人の反応を見られない人なので、自分の性格についてもわかっていないのです。

    無自覚であるため、なんの遠慮もなく空気の読めない発言をしてしまいます。周りに迷惑をかけたり、疎まれたりしている自覚がないため、場違いな発言をして周りを困らせてしまうのです。

    自分に甘く他人に厳しい


    基本的に自分に甘く他人に厳しいというのも、空気を読めない人によく見られる特徴でしょう。空気が読めない人に限って、「あの人って空気読めないよね」などの発言をすることも。

    人から指摘されても反省はしませんが、誰かが自分に迷惑をかけたり、周りを困らせたりしている姿を見ると、激しく非難するのです。

    自分を棚にあげた発言をよくする


    自分を棚にあげた発言をするのも、よく見られる特徴ですね。基本的に自分には非常に甘いため、他人を非難したりおとしめたりする発言をしつつ、自分は悪くない、問題ないという姿勢を貫きます。

    他人がしたのと同じ過ちを自分がやっていたとしても、自分の場合は特別だからと、さまざまな口実で自分の身を守ろうとするのも特徴のひとつ。同じ状況や条件だったとしても、「他人はダメだが、自分は特別だからOK」という独自のルールを持っているのです。

    そういった自分への甘さが、他人への迷惑行為の自覚を遠ざけているのだと言えるでしょう。

    周りの反応を見ていない


    空気が読めない人のほとんどは、周りの反応を見ていません。とにかく自分中心で、自分のことで精一杯であるため、周りがどんな表情をしてどんな様子でいるかなんて、全く気にしていないのです。

    そういった自分勝手な一面が、空気が読めない発言や行動の大きな原因になっていると言えるでしょう。基本的に、周りは自分に合わせてくれる、合わせるのが当然だという考えも持っているため、そもそも周りを見る必要がないと思っているのかもしれません。