パイパンでのクンニは気持ちいい?感じる理由と男性の心理を徹底解説

通常のクンニは、陰毛がある状態でされる場合が多いですよね。それがパイパンのクンニだったら、皆さんはどう感じるでしょうか。男性はダイレクトに見え、女性はダイレクトに感じることで、お互いに興奮度が増すことは間違いありません。今回は、「パイパンでのクンニ」について深掘りしてみました。

  • パイパンでのクンニが気持ちいいってホント?

    パートナーとのセックスで、お決まりの流れになんとなく飽きてしまったら、皆さんはどんなことを考えるでしょうか。おそらく、いつもとは違うことで気持ちよくなれる方法を探しますよね。

    そんな時、これといった準備もせずに、すぐに取りかかれるおすすめのプレイが「パイパンのクンニ」です。女性がパイパンにしてクンニを楽しむプレイは、カミソリ一つあればその瞬間から楽しむことができます。

    男性に剃毛してもらって、いざクンニへ。すっかりパイパンになり、感触もヴィジュアルもいつもと違う女性に、男性は興奮を高めます。そして女性も、パイパンになったことにより邪魔なものがなくなり、快感をダイレクトに感じることができるのです。

    そもそも「パイパン」とは


    そもそも「パイパン」とは、陰毛がなく、性器周辺がツルンとしている状態をいいます。陰毛は男性女性の両方に生えているものですが、どちらの場合にも、陰毛がなければ「パイパン」と言います。

    しかし、「パイパン」という言い方は、主に女性に対して使われることの方が多いようです。男性も陰毛がなければパイパンには違いないのですが、男性の場合は「パイチン」や「ハイジ男子」など、少し呼び方が変化することもあるでしょう。

    ちなみに「パイパン」という呼び名の由来は、「白牌(パイパン)」という麻雀牌からきています。「白牌」は表面に何も柄のない、ツルンとした真っ白な麻雀牌なので、陰毛のない性器をパイパンと呼ぶのです。

    パイパン好きな男性は多い


    きちんとした統計があるわけではないので、はっきりしたことは分かりませんが、パイパン好きな男性は意外に多い傾向があるようです。冒頭にも書きましたが、剃毛するときの興奮や、感触やヴィジュアルの変化など、男性にとってはワクワクするポイントが盛りだくさんですよね。

    その他、クンニや愛撫の時に陰毛が邪魔になりません。通常なら性器が陰毛に隠れている状態ですが、パイパンなら性器が丸見え。すると分かりづらい女性器の構造もよく分かり、いじったり舐めたりするポイントも見つけやすいのです。

    チクチクするなどのデメリットもありますが、メリットはたしかにあるようです。このことから、男性はパイパン女性が好きになるのでしょう。