雌雄眼はモテるって本当?男女別の特徴や左右非対称になる原因を解説

人の体には2つ揃ったパーツがありますが、必ずしも大きさは同じというわけではありません。目の大きさが違う場合は雌雄眼と言いますが、耳慣れない人がほとんどでしょう。モテる人に多いと言われるだけあって、男女別のさまざまな特徴と左右非対称になる原因を解説します。

  • そもそも「雌雄眼」とは?どんな目のこと?

    目の大きさが、左右でまったく同じという人はほとんどいないと言われています。大きさだけでなく形が違ったり、片方が一重まぶたでもう片方が二重まぶたなど、さまざまな特徴が出るのが目。

    そんな特徴的な目のことを雌雄眼と呼ぶのは、あまり知られていないのではないでしょうか。今回は、雌雄眼とはどんな目のことなのかについてご紹介します

    なんて読む?雌雄眼の読み方と意味


    漢字には、何と読むのだろうと不思議に思う言葉がたくさんあります。特に耳慣れない言葉だと、漢字を見ても「これで合っているのだろうか。そもそもどういう意味なのだろう」と首をかしげることはないでしょうか。

    雌雄眼の読み方はしゆうがんで合っており、左右で目の大きさが違う特徴を意味します。片方は大きく、片方は小さいのが特徴。雄と雌では体の大きさが違うことから、大きさに差がある目に対する言い方です。

    雌と雄と書いて『しゆう』というのは、多くの人が読める漢字ですが、それに眼という漢字が付くと「しゆうがんで合ってるのかな?眼と付いているからには、何らかの特徴的な目のことを言うのでは?」などと考えてしまいますね。

    手相見はどう見る?人相学から見る雌雄眼とは


    目にはしばしば特徴的な見た目が生まれるのは、誰もが気づいているのではないでしょうか。黒目が真ん中ではなく上に寄っており、そのために黒目の下と左右に白目が見える三白眼はよく知られるところですが、クールな印象を与えるのが特徴です。

    目の形や大きさなど、人の顔立ちから占うことを人相学と言いますが、人相学において雌雄眼は、三白眼と同じく凶相と判断されます。人相学における凶相とは、犯罪を起こしやすい性格の持ち主であると判断するほか、面倒に巻き込まれやすい人も凶相と読み取ります。

    大きさが違う左右非対称の目は人相学的には凶相と見られるとあって、あまりいいものではないのかな?と思ってしまいますよね。

    人相学を気にしないなら?むしろモテる人が多い


    人相学においては凶相の持ち主と判断され、自身が犯罪を起こしやすいケースもあれば、トラブルに巻き込まれやすい人もいます。どちらに当てはまっても歓迎したくありませんが、実は左右非対称で大きさが違う目の人は、モテるとされているのだそうです。

    大きさが違うとちぐはぐな印象を受けがちなのに、なぜモテるのかが気になりますよね。けれど、人の体の中で対になっているパーツには、まったく同じ大きさということはほぼないとされるだけに、逆に印象に残りやすいのかもしれません。

    芸能人には雌雄眼の人が意外と多く、雌雄眼の人ほどモテると言われるのは本当かも?人相学を気にしないなら、モテる方がいいという人は多そうですね。
  • 雌雄眼の性格の特徴《男性編①》

    男女問わず雌雄眼の人は存在しますが、その性格の特徴は男女で共通するところもあれば、微妙に違うところもあります。そこで、左右非対称で大きさが異なる雌雄眼の人の性格的な特徴を、まずは男性からご紹介します。

    目との関連性が気になる?我慢強い


    雌雄眼の男性は、どんな時も我慢強い上に、忍耐強さも兼ね備えているだけに、物事に粘り強く対処する性格の持ち主です。そのため、見た目の印象とは裏腹に、日々のルーティンワークの中で仕事の効率化を果たしたり、成績を残すことがしばしばあります。

    短期間で終了する派手で華やかな仕事よりも、長期間にわたって続けなければならないことから、粘りや忍耐、さらには我慢が必要な仕事に適した性格が特徴です。

    注意すべきは大きな方で見ている?頭の回転が早い


    粘りと忍耐力に優れているだけに、コツコツ続ける必要があるルーティンワークで力を発揮する雌雄眼の男性ですが、頭の回転が早いことからどんな仕事をさせてもそつなくこなすのも、非常に特徴的な性格の持ち主と言えるでしょう。

    左右で大きさが違う目のうち、大きな方の目で周囲の状況をよく見ているのかもしれませんが、臨機応変かつ、柔軟な対応ができる人が多く見られます。頭の回転が早いだけでなく、回転させ方そのものが上手なだけに、どんな仕事でもできる男性が多いと言えそうです。

    過剰なまでの自信家も!野心家が多い


    粘り強さと忍耐力に優れた性格の持ち主だけに、どんな困難に行く手を立ちふさがれても、何とかして乗り越える力を持っているのが特徴です。高い壁に阻まれれば阻まれるほど、「この壁を超えてやる!」という反骨精神を掻き立てられるのは、雌雄眼の男性の大きな特徴と言えるでしょう。

    頭の回転が良く、早いこともあって、自分に対する自己評価は総じて高め。どんな仕事もそつなく、そして立派にこなせるためにかなりの野心家が多く、過剰なまでの自信家でもあります。この2つの要因が、しばしば付き合いにくい人という印象を与えがちになるのも無理はなさそうです。

    雌雄眼の最大の特徴では?二面性がある


    自信家で野心家という性格が、周囲の人たちに付き合いにくい人という印象を与えるだけでなく、目の大きさが違う左右非対称の雌雄眼ならではの性格の二面性も持ち合わせています。

    左右非対称なだけに周囲の人たちも、どちらの目を見るかによって印象が変わることに気づきやすいのが特徴。この左右で見た時の印象の違いが、二面性のある人というイメージを抱かせます。実際、性格にも二面性のある人が多いのは、幼いころから大きさの違う目が人にどのような印象を与えるかを、さまざまな出来事から学んできたからかもしれません。

    もし雌雄眼の男性が近くにいたら、片方ずつの目と接し、二面性がないか探してみるとよさそうですね。

    自分は自分!マイペース


    周りの状況がどうあろうと自分は自分と割り切って考えることができるのも、性格の特徴です。もともと意思が強いところへ、思考が基本的にポジティブなことが相乗効果を生み、ちょっとやそっとのトラブルやアクシデントには慌てないマイペースさがあります。

    この自分は自分という考え方は、自分が大事という気持ちが基準になっているため、他人にはほとんど関心がありません。ところがこの他人への関心のなさが、どんな人にも同じフラットな態度で接するという特徴を、性格にもたらすのが不思議なところです。

    そのため、職場などにおいては「人によって態度を変えることなく接する、礼儀正しくて好感の持てる男性」と映るでしょう。