雌雄眼はモテるって本当?男女別の特徴や左右非対称になる原因を解説

人の体には2つ揃ったパーツがありますが、必ずしも大きさは同じというわけではありません。目の大きさが違う場合は雌雄眼と言いますが、耳慣れない人がほとんどでしょう。モテる人に多いと言われるだけあって、男女別のさまざまな特徴と左右非対称になる原因を解説します。

  • そもそも「雌雄眼」とは?どんな目のこと?

    目の大きさが、左右でまったく同じという人はほとんどいないと言われています。大きさだけでなく形が違ったり、片方が一重まぶたでもう片方が二重まぶたなど、さまざまな特徴が出るのが目。

    そんな特徴的な目のことを雌雄眼と呼ぶのは、あまり知られていないのではないでしょうか。今回は、雌雄眼とはどんな目のことなのかについてご紹介します

    なんて読む?雌雄眼の読み方と意味


    漢字には、何と読むのだろうと不思議に思う言葉がたくさんあります。特に耳慣れない言葉だと、漢字を見ても「これで合っているのだろうか。そもそもどういう意味なのだろう」と首をかしげることはないでしょうか。

    雌雄眼の読み方はしゆうがんで合っており、左右で目の大きさが違う特徴を意味します。片方は大きく、片方は小さいのが特徴。雄と雌では体の大きさが違うことから、大きさに差がある目に対する言い方です。

    雌と雄と書いて『しゆう』というのは、多くの人が読める漢字ですが、それに眼という漢字が付くと「しゆうがんで合ってるのかな?眼と付いているからには、何らかの特徴的な目のことを言うのでは?」などと考えてしまいますね。

    手相見はどう見る?人相学から見る雌雄眼とは


    目にはしばしば特徴的な見た目が生まれるのは、誰もが気づいているのではないでしょうか。黒目が真ん中ではなく上に寄っており、そのために黒目の下と左右に白目が見える三白眼はよく知られるところですが、クールな印象を与えるのが特徴です。

    目の形や大きさなど、人の顔立ちから占うことを人相学と言いますが、人相学において雌雄眼は、三白眼と同じく凶相と判断されます。人相学における凶相とは、犯罪を起こしやすい性格の持ち主であると判断するほか、面倒に巻き込まれやすい人も凶相と読み取ります。

    大きさが違う左右非対称の目は人相学的には凶相と見られるとあって、あまりいいものではないのかな?と思ってしまいますよね。

    人相学を気にしないなら?むしろモテる人が多い


    人相学においては凶相の持ち主と判断され、自身が犯罪を起こしやすいケースもあれば、トラブルに巻き込まれやすい人もいます。どちらに当てはまっても歓迎したくありませんが、実は左右非対称で大きさが違う目の人は、モテるとされているのだそうです。

    大きさが違うとちぐはぐな印象を受けがちなのに、なぜモテるのかが気になりますよね。けれど、人の体の中で対になっているパーツには、まったく同じ大きさということはほぼないとされるだけに、逆に印象に残りやすいのかもしれません。

    芸能人には雌雄眼の人が意外と多く、雌雄眼の人ほどモテると言われるのは本当かも?人相学を気にしないなら、モテる方がいいという人は多そうですね。