お客さんに恋をした…店員が恋愛を成就させるコツと注意点とは?

  • お客さんに思いを寄せた店員の恋の成就のコツと注意点

    最後に紹介するのは、店員がお客さんとの恋を成就させるコツです。どんな点に気を付ければお客さんと結ばれるのでしょうか?

    また、店員という立場であるがゆえに気をつけなければならない点も…。知らずに仕事を首になったりしないように、注意点も合わせてご紹介します!

    まずは話しかけることが大切


    何はともあれ、恋を実らせるには積極的に話しかけることが大切です。チャンスを見つけては話しかけるようにしましょう。

    心理学の効果で、単純接触効果と呼ばれるものがあります。高頻度で接すれば接するほどお互いに好感を抱くというものです。普通に接客するだけでも良いですが、さらに積極的に話しかけることでより親密度を高められるでしょう。

    店員からではなくお客さんに誘わせるのがベスト


    ある程度親しくなったら、連絡先の交換などに踏み切りたいところですよね。しかし、そういったアプローチは焦るとよくありません。こちらが「そろそろいいだろう」と思っていても、相手がそう思っているとは限らないからです。

    また、店員が女性でお客さんが男性なら、最終的に男性に誘わせた方がその後の関係がうまくいきやすい場合もあります。よく言われるように、男性は追う生き物なので、追わせた方が恋はうまくいくのです。

    こういうことを踏まえると、最終的な誘いは相手からしてくれるのがベスト。「誘って欲しい」という気持ちをさりげなく伝えられると良いですね。

    お客さんへの恋が許されない職業もある


    職業によっては、お客さんとの恋愛がまったく許されないことがあります。特に、お客さんと店員が結託すると、職業上に不正を働く可能性がある職種ではそういう傾向が強いです。

    こういうケースでは、店員からお客さんへのアプローチはもちろん、お客さんから店員へのアプローチも受け取ってはいけないことになっています。万が一恋愛関係になると首にされる可能性もあるため注意しましょう。

    店員という立場を忘れない


    どれほどそのお客さんのことが好きでも、自分が店員だということは忘れないようにしなければなりません。そのお客さんに対しても店員として振る舞わなければなりませんし、ほかのお客さんへの対応がおろそかになってもいけません。

    ほかのお客さんやお店に迷惑がかかるだけでなく、気になるお客さんからも「店員としてどうなんだろう」と思われることになりかねませんよね。恋を成就させるためにも、店員としての務めをしっかり果たすことが大切です。

    いきなり個人的なことに踏み込まない


    気になるお客さんに声をかける時、何を話していいのか分からなくて困りますよね。また、そのお客さんに恋をしているこそ、聞いておきたいこともあるかもしれません。たとえば相手に彼氏や彼女がいるのかは知っておきたいところです。

    しかし、まだ親しくない内からこのようなことを聞いてはいけません。特に、男性店員が女性のお客さんにアプローチするときは要注意です。場合によっては通報されることも…。店員とお客さんの恋愛は思いのほかリスキーです。時間をかけて丁寧に信頼関係を築きましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)