まな板な胸に対する男の本音とは?貧乳の原因と胸を大きくする方法も

女性を象徴するものといえば、ふっくらしたおっぱいと考える人は男女共に多いですよね。けれど、体つきには差があるもの。ぺったんこの胸のことをまな板なんて言いますが、男性の本音はどうなのでしょうか。この記事では、女性には気になる貧乳の原因と、胸を大きくする方法を探ります!

  • 本当のところ、胸が「まな板」ってどういう意味?

    女性のバストというのは、一般的にはふっくらしているのが特徴です。ただ、その大きさは人によって差がありますよね。身長が高い人と低い人がいるように、胸の大きさも十人十色。そんな「女性の胸」を指して言う言葉に「まな板」があります。いったいどういう意味で使われているのか、まずは言葉の意味からご説明します。

    まな板とは!胸が貧乳の女性のこと
    まな板とは、小さい女性の胸のことを指して使われる言葉です。おっぱいが大きい女性のことを巨乳と言いますが、それに対する表現が貧乳。まな板とは、貧乳の女性のことを指して言い、胸が小さいという意味で用いられます。

    ただ、貧乳は小さめの胸という意味合いになりますので、ブラジャーのサイズでいうとAカップ以下の女性が該当すると考えていいでしょう。日本人女性の平均的なブラジャーのサイズはB~Cカップと言われていますので、それ以下のサイズであれば貧乳と言えるかもしれません。

    さらに、カップサイズの表記である「A」の数が「AA」や「AAA」といったように増えていくほど、ふくらみがほとんどなくなります。こうなると、「まな板」という呼び方になるのも無理はありません。

    男の品性が問われる?侮蔑的な使われ方が多い言葉


    まな板とは、貧乳の女性のことを指して主に男性が用いる言葉で、総じて侮蔑的なニュアンスを含んでいます。貧乳の場合、まだかろうじて胸があるという意味合いになりますが、まな板は文字通りぺったんこということ。

    まったく胸がない女性と言っているのと同じですので、言われた女性がショックを受けるのも当然です。しばしば会話の中で侮蔑的に用いられるため、口にした男の心理が見え隠れするだけでなく、配慮のあるなしもわかってくると言えそうです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)