バカップルの特徴まとめ!【行動・会話・LINE】周囲の意見も紹介

  • 迷惑なバカップルエピソード!

    やはり世の中には、バカップルに対して迷惑だという思いを抱いている方もいるようです。そこでこの章からは、迷惑に感じたエピソードの数々をご紹介しましょう。

    狭いエレベーターでイチャつきだすバカップル


    「偶然にもエレベーター内で、バカップルに居合わせました。あれらは、なんと私がいるにもかかわらず、二人でイチャつきだしたんです。空間的に広いならまだしも狭かったので、迷惑極まりなかったですね。」(34歳/女性/飲食業)

    エレベーターが広ければ、イチャイチャしだすバカップルと一定の距離を取ることができます。逆に狭いほど、密着度が高まる一方です。

    なかなか距離を取ることができずに、挙げ句の果てには不快感さえも覚えてしまいますよね。不快感が募りに募った結果、迷惑だと感じるのも納得できるでしょう。

    いい歳した男女が恥ずかしくないの?


    「つい先日、バス内で女性に赤ちゃん言葉で甘え出す男性を目撃したんです。赤ちゃん言葉で会話するなんて、いい歳した男女が恥ずかしくないのでしょうか?あまりにも衝撃的だったので、反射的に冷たい視線を送りました。」(31歳/男性/会社員)

    バカップルは、赤ちゃん言葉で甘えながら会話することもあります。その場に居合わせた人の中には、あれらに冷たい視線を向けている方もいるようです。

    かといって、本人達は冷たい視線に気付かないこともしばしば。二人だけの世界に入り込むがために、周囲の状況が見えていませんからね。となれば、恥ずかしい気持ちにもならないでしょう。

    バス内で彼女を心配しすぎる彼氏の姿にうんざり


    「その男性は少しでもバスが揺れると、『誰かに触られていない?』というように必ず彼女のことを心配していました。明らかに触れる状況ではなかったのに、ついには俺に睨みまで利かせてきたんです。過剰なまでに心配する様子には、うんざりして迷惑に感じちゃいましたね。」(23歳/男性/企画営業部)

    あらゆる面で彼女を心配する気持ちを持つのは、悪いことではありません。しかし、度を超えると、バカップルだと認識された上に、周囲が迷惑に感じてしまう可能性もありますよ。

    電車内で彼氏の膝の上に彼女が座っていた


    「我が子と一緒に電車に乗った時に、ふと目の前の座席を見てみたんです。そうすると、女性が彼氏の膝の上に座ることで座席を確保しているバカップルがいました。我が子の視界にも入る中、状況的にはあまりにも気まずく、とても迷惑でしたね。」(33歳/女性/専業主婦)

    中には、電車内で恋人の膝の上に座ってしまう人もいます。そんな光景を目にした我が子に「どうして、あの二人はあんな座り方をしているの?」と聞かれる可能性も。親としては返答するにも相応しい答えがなかなか見つからず、困り果ててしまいますよね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)