硬派ってどんな意味?硬派な男性の特徴とアタック方法を教えます!

「チャラい」という言葉がよく聞かれるようになった今、硬派で男らしい男性にも注目が集まっています。一途で浮気しなさそうだったり、近寄りがたいけど実は優しい「ギャップ萌え」の要素があったりと、とても魅力的な硬派な男性について詳しくご紹介していきます。

  • 硬派な男性は女性にモテる!

    恋愛に対して興味がなさそうな態度をとったり、寡黙で周りに流されない男性は、女性から相手にされなさそうですが、実はモテるのです。浮気をしない一途な感じや、頼りがいのある雰囲気が女性を惹きつけてやまないのでしょう。

    では、硬派な男性がなぜモテるのか、詳しくみていきましょう。

    「硬派」の意味とは


    硬派とは、固いや手強いといった意味の言葉です。男性に当てはめる場合、自分の信念をしっかりと持っている人のことを指します。また、頑固な人や、やや強面の感じの男性に対しても「硬派」と使う場合がありますね。

    チャラチャラとした「軟派」な男性とは違い、女性遊びはほとんどせず、一途で一人の女性に尽くしてくれるタイプの人が多いのです。

    反面、やや融通が利かなかったり、自分のこだわりが強すぎる面がみられる人もいるでしょう。しかし、大半の硬派な男性は優しくて思いやりがあるので、恋愛市場でも高い人気を得ています。

    ギャップ萌えやツンデレを秘めている男性も


    寡黙で必要最低限のことしかリアクションを起こさないのが特徴の硬派な男性ですが、信頼できるパートナーが相手だと思わぬ「可愛い」一面を覗かせることもあるのです。

    例えば笑顔が素敵だったり、二人きりだと子供のように甘えてきたりと、いわゆる「ギャップ萌え」や「ツンデレ」といったものですね。普段の様子からは想像できない姿にドキっとさせられて、より一層魅了されてしまいます。

    また、「こんな姿を見せてくれるのは自分だけ」という独占欲も刺激されて、さらに好きになってしまうのです。硬派な男性は優しくて男らしいだけでなく、その他の意外な魅力を持っている人もいますよ。

    硬派でありたいと思う男性の心理


    近年は、テレビなどでもいわゆる「チャラ男」というキャラクターが人気を博しています。軽快なノリで周囲の空気を和ませる立ち振る舞いは、男性女性問わず評価されていますが、中には「男らしくない」と感じる人もいるでしょう。

    特に男性の中には、メディアなどで注目されるものの逆張りをしたくなる心理の人もいるのです。「チャラい」感じがもてはやされると、寡黙で「男らしい」感じを出して大衆と差別化を図ろうとします。

    もちろん、元から硬派な男性に憧れている人もいますが、こういった人も少なくはないでしょう。

    硬派の反対は軟派?



    硬派な男性とは対照的に、明るくてお喋りな男性のことを「軟派」な男性と呼ぶことがあります。芸能人で言えば、オリエンタルラジオの藤森慎吾さんのようなタイプの男性ですね。前向きで元気な感じはしますが、硬派で男性らしいと感じる人は少ないのではないでしょうか。

    また、たくさんの女性と遊んでいる感じが苦手と感じる人もいます。反面、硬派な男性は人間関係の幅は狭く深くという感じで好感を持つ人もいるのです。ただし、人によって何を魅力的と感じるかはさまざまですので、一概にどちらの方が魅力的とはいえませんね。

    「頑固おやじ」と「硬派」は違う!


    硬派な男性と聞くと、「不良」や昭和の「頑固おやじ」をイメージする人もいるのではないでしょうか。確かにそれらのスタイルの人も硬派な男性といわれますが、現在女性から注目を集めている硬派な男性とは少し意味合いが違ってきますね。

    頑固おやじは恐ろしいイメージですが、硬派な男性は違います。近寄りがたいけれどどこか人を惹きつける魅力があるのです。今の時代に合った「男らしさ」を持っていないと硬派な男性として注目されることは少ないでしょう。