「愛おしい」とは?意味と男女が彼氏・彼女を愛おしいと思う瞬間

あなたは「愛おしい」という言葉の意味を知っていますか?人が彼氏・彼女に「愛おしい」と感じる瞬間や行動を知ることで、恋人の気持ちを見抜くことができますよ。また、「愛おしい」と思われる彼氏・彼女になる方法もご紹介します。ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 「愛おしい」ってどういう意味?

    「好き」「愛してる」という言葉は聞き馴染みのある人も多いと思いますが、「愛おしい」とはいったいどのような意味なのでしょうか?また、好きという気持ちとはどう違うのか、誰に対して感じる気持ちなのかも気になりますよね。

    まずは、「愛おしい」の意味についてご紹介していきます。恋愛において非常に大切な感情である「愛おしい」という気持ちについての理解を深めて、ぜひ彼氏・彼女に対して愛おしいと感じる瞬間を自覚してみてくださいね。

    愛おしいの意味


    愛おしいという言葉には、「大事にして可愛がりたくなる」「たまらなく可愛い」という意味が込められています。ここで言う可愛いとは、単に見た目が可愛いという意味ではなく、その人の存在自体が可愛らしく思える様子を表しているため、容姿端麗でなくとも、誰にでも当てはまる可能性がある言葉といえるでしょう。

    そして、彼氏・彼女に「愛おしい」と感じる気持ちの意味としては、「あなたは特別で大切な人」という思いが込められているのです。

    また、「愛しい」には「気の毒でかわいそう」という意味もありますが、恋愛においてはこの意味で使われることはほとんどないでしょう。

    愛おしいの類語


    愛おしいの類語には、「愛くるしい」「大事」「大切」などがあり、どれも相手に対して親愛や慈しむ気持ちを持っている様子を表しています。そのため、恋愛で使用される場合は非常に特別な意味を持っていると言えるでしょう。

    また、「素敵」や「可愛い」という類語もあり、視覚的要素も含まれると考えることができます。その人の存在自体に対する気持ちに加えて、視覚的にも好意のある感情を総称して「愛おしい」と表現することが可能なのです。一言でさまざまな特別感を感じることができる言葉といえますよね。

    愛おしいと好きは別物


    「愛おしいって好きと同じような気持ちなのでは?」と思う人も多いでしょう。しかし、愛おしいという感情は好きとは別物であり、好きよりも愛情が深まった相手に対して抱く感情といえます。

    例えば、好きという感情は自分本位なものですが、愛おしいという感情は相手本位のものなので、無償の愛を注ぐような感覚をイメージすると分かりやすいでしょう。愛おしいという感情については後述していきますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

    彼氏・彼女以外にも愛おしいと思うことがある


    愛おしいという感情を抱くのは恋人だけとは限りません。自分の子供や両親、友達など、さまざまな「愛おしいの形」があり、恋愛以外にも広く使われている言葉です。

    そして、相手との関係性によってそこに含まれる意味は違ってきます。大切な人に対する自分の気持ちを思い返してみて、相手に感じている「愛おしいの意味」をチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

    また、「愛してる」という言葉よりも比較的使いやすい印象から、軽い調子で使ってしまう人もいるようです。相手によって言葉の重みが変わってくるので、相手から受け取る気持ちをきちんと見極めて、上手に「愛おしい」という気持ちを受け取ることも大切ですよ。