愛情表現で愛を深めよう!関係別「好き」を伝える愛情表現の方法

「愛情表現」という言葉の意味は、なんとなく理解できるという人がほとんどでしょう。しかし意味は分かるのに、実際に行動にうつすのは、ちょっぴり苦手かもと考える人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、カップルの関係別に、どんな愛情表現があるのか徹底解説していきましょう。

  • 長続きするカップルの秘訣は愛情表現?

    好き同士でお付き合いしても、必ずしもそのカップルが長続きするとは限りません。あんなに好きだったはずなのに、なんとなく心がすれ違い、短い期間でサヨナラ。そんなカップルも残念ながらいます。

    ですがカップルの中には、数年お付き合いが続くケースもあることは確か。この違いは一体どこにあるのでしょうか?「恋人」としてお付き合いするのですから、お互い好き同士なのは間違いありませんよね。

    長続きするカップル・しないカップルのどちらも、スタートの時点で気持ちは一緒。だとすると長続きの秘訣は、付き合いの過程の「愛情表現」に原因があるのかもしれません。今回は、カップル間の「愛情表現」について深掘りしていきましょう。

    そもそも「愛情表現」とは?


    そもそも「愛情表現」の意味をご存知でしょうか。簡単に解釈しますと「愛情の表現」となります。この場合の「愛情」とは、愛する・恋するだけじゃなく、「相手を思う気持ち」ということ。そして「表現」とは、頭で思うだけじゃなく、身振り手振りに加え言葉でも表すということです。

    ですから、「相手を思う気持ちを、言葉や行動で示す」ことが愛情表現ということになるでしょう。そしてこの愛情表現は、必ずしも恋人間に限ってするものではありません。夫婦間、家族間、親子間など、さまざまな関係性で行われ、「大事な人」に対して実行される、人間ならではの言動といえるでしょう。

    日本人は愛情表現が苦手?


    日本人は、この愛情表現が苦手な傾向があることは否めません。日本女性は「ヤマトナデシコ」。日本男性は「サムライ」と、とかく控えめが美徳と思われがち。

    しかしながら、それも今の時代は変わりつつあります。「肉食系」という言葉もあるように、日本人=控えめというのは昔のお話で、現代では積極的に好意を持った相手にアピールする人も少なくないでしょう。