長男の性格の特徴と恋愛傾向|アプローチ法や付き合い方も一挙解説!

あなたの彼氏や好きな人は、兄弟の中で何番目に生まれましたか?もし一番目の「長男」なら、この記事を読むと、彼との仲をもっと深められるかもしれません。今回は、長男の性格の特徴から、恋愛傾向、アプローチ方法、長く付き合う方法まで、徹底解説していきたいと思います。

  • 長男に対する世間のイメージ【男女の意見】

    彼氏や好きな人が長男だ、という女性はたくさんいると思います。しっかり者な性格をしていて責任感が強いイメージの長男ですが、実際のところどうなのでしょう。詳しく知りたくありませんか?

    今回は、長男の性格の特徴や、性格から見る恋愛傾向、アプローチ方法や付き合い方にいたるまで、徹底的に解説していきたいと思います。長男について詳しく知ることで、カップルの人は彼氏とより仲良く、片思い中の人は意中の相手とうまくいくよう、是非役立ててくださいね。

    ではまず始めに、世間の人が長男に対してどのようなイメージを持っているのか紹介していきましょう。

    しっかり者で頼りになりそう


    「グループの中でしっかりしている人って、たいてい長男だったりする」(23歳/男性/飲食)

    「頼りがいがあって男らしいイメージ」(25歳/女性/公務員)

    下に弟や妹がいて、幼いころからお兄ちゃんとしての振る舞いを求められてきた長男は、しっかり者な性格で頼りがいのある人が多いです。長男といえば、真っ先にこのイメージを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

    「頼りがいあるから男性として魅力的」ととらえている女性の声も非常に多かったです。包容力がある彼氏についつい甘える彼女と、それを快く受け入れる彼氏という図式も、長男な彼氏と付き合っているカップルの「あるある」の一つなんだとか。

    将来のことを考えると不安になる


    「長男と結婚したら、両親のこととか家のこととか、何かと苦労が多そう」(24歳/女性/看護師)

    「次男や三男の嫁よりも、長男の嫁にかかる負担は圧倒的に大きいと思う」(28歳/女性/派遣)

    これは主に女性の意見ですね。現代では家族のあり方が変わってきていますが、長男がその家を継ぐという考え方はいまだに根強く残っています。そのため、長男と結婚した場合、将来が不安だと思う女性が少なからずいるようです。

    両親の老後の面倒や同居問題、親戚づきあいなど、本来しなくてもいい苦労をしなければならないのではないか、という意見が寄せられました。

    とはいえ、核家族化の進んだ現代では、長男が跡取りとなること自体が減ってきています。好きな人だったら長男だろうが関係ない、という人も非常に多いです。大切なのは目の前にいる彼が長男であるかどうかよりも、彼自身ですよね。あまり周囲のイメージに流されて、心配しすぎないようにしましょう。

    年下の扱いがうまく面倒見がいい


    「面倒見がいいから、後輩から慕われている」(28歳/男性/SE)

    「会社の憧れの上司は4人兄弟の長男です。みんなをぐいぐい引っ張ってくれるリーダーシップも、長男だからこそと思わず納得」(24歳/女性/事務)

    しっかり者な性格で頼りになるイメージを持つ長男には、これもあるあるなイメージでしょう。お兄ちゃんとして弟や妹の面倒を見てきた長男は、年下の扱いがうまく、自然と気遣いのできる人が多いです。面倒見がいい印象を持たれるのも頷けます。

    社会人になってからも部下や後輩の面倒を見ることに長けていて、チームをまとめるリーダーに適したタイプといってもいいでしょう。長男な男性は、とても頼もしい存在ですね。

    真面目な性格だけど、下の子より要領が悪い


    「ルールから外れたことは絶対にしない、兄弟の中でも冒険をしないのが長男だと思う」(30歳/女性/介護)

    「2つ年上の兄は、とにかく真面目で融通が利かない。もっと臨機応変に生きればいいのに」(25歳/男性/消防士)

    幼い頃から弟や妹の手本となるように育てられた長男は、真面目な性格をしているという声も非常に多かったです。「お兄ちゃんなんだからしっかりしなさい」と親に言われることで責任感が芽生え、自然とそういった性格が形成されるのかもしれませんね。

    また、長男は真面目な性格をしているけれど、下の子よりも要領が悪いなんて声も。長男は何においても先んじられ、お手本になりがちです。一方、下の弟や妹は長男の行動を見て立ち振る舞うことができるため、要領がよく見えるのでしょう。