寝癖がつかない寝方や予防策は?【髪形別】寝方のコツを一挙紹介!

朝の忙しい時間には困ってしまう頑固な寝癖。この記事では、短時間で直す方法や、寝癖がつかないおすすめの寝方について紹介しています。さらに、髪の長さをタイプ別に分け、それぞれの髪の長さに合わせた対策方法も解説。寝癖についてのよくある悩みのエピソードもあわせて紹介しています。

  • 寝癖は何故ついてしまうの?

    頑固な寝癖がつくと忙しい朝にとっても困りますよね。水で濡らしてもなかなか跳ね・うねりが直らず、朝からシャンプーして髪を乾かして、ヘアセットに大幅な時間をとられている方も多いことでしょう。

    寝る前に寝癖がつかないように髪をピシッと伸ばし、気をつけた寝方をしているのに頑固な寝癖がつくのはなぜだと思いますか?寝癖がつく原因をつきとめれば、朝のヘアセットの時間を短縮するのに繋がります。こちらで寝癖の原因をピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    髪に水分が残っているから


    髪の毛は乾いているときは形が固定されていますよね。それは、髪の毛の内部にある「水素結合」が閉じ固定されているからです。しかし、この結合は髪が濡れているときや、乾きかけの湿っているときに開く性質を持っています。

    髪の毛が湿ったままの変な寝方をすると、髪の形が固定されていないまま内部で結合してしまい、それが寝癖となるのです。「髪を乾かすのは面倒臭い」「半乾きでいいか」など、きちんと乾燥させていない場合は、寝癖の原因は髪の水分が多いことが大きな原因になっていると考えられます。

    寝返りの多さも原因の一つかも


    そして寝ている間に横向きの寝方や仰向けの寝方になって寝返りが多い人は寝癖がつきやすいです。寝付きが悪い・眠りが浅くて何度も寝返りをしてしまうと、髪の毛があっちこっちに広がってぐちゃぐちゃになり、頑固なクセになってしまいます。

    何度も髪の毛が寝具にこすれるので、クシが通らなくなるような髪の絡まりができることも。特に、サイドに寝癖ができやすい方は寝返りの多さが寝癖の原因になっていると考えられます。

    ショートヘアーが寝癖の原因に


    「髪のお手入れが楽だから」という理由でショートヘアーが好きな人は多いと思います。でも、ロングヘアーと比べてショートヘアーは頑固な寝癖がつきやすいヘアスタイル。髪の毛を洗うのは楽でも、朝のヘアセットはとっても大変なのがショートヘアーなんです。

    ショートヘアーは毛先が寝具につきやすく、動くたびに髪の毛がうねってしまいます。普通の寝方をしていても簡単にクセがついてしまうケースも。その結果、髪の毛がうねったり毛先が跳ねる、トップが不自然に盛り上がるなどさまざまな寝癖がついてしまうのです。

    寝汗が原因に


    夏、エアコンのタイマーをつけて寝ている方や扇風機のみで暑さをしのいでいる方も多いと思います。しかし、そのような寝方では暑くて汗をかいてしまうでしょう。先に髪が湿ると水素結合が開き、クセがつきやすくなると説明をしました。

    汗をかいて髪が濡れるのも、水素結合が開く原因になりますから、汗だくになるような室温では寝癖がつきやすい環境になります。夏場は特に寝癖がひどいと感じるのは、寝ている間にかいた汗が原因なのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)