叶わない恋は諦めるべき?報われない恋への対処法とエピソード集

叶わない恋をしてしまった、諦めたいのに諦められない…そんな気持ちを抱えている女性はたくさんいます。叶わない恋を忘れるには、どうしたらいいのでしょうか。今回は、叶わない恋をしてしまう心理や、叶わない恋の諦め方、叶わない恋をした時に聞きたい曲などをご紹介します。

  • 叶わない恋をした…彼のことは諦めるべき?

    絶対に振り向いてもらえない人のことを好きになったことはありますか?もしくは、もうフラれてしまったけど忘れられない…という女性もいるでしょう。好きという感情は、自分で制御できるものではないですよね。

    叶わない恋をし続けて、悲しい気持ちを持ち続けるのなら、いっそのこと諦めて忘れたい、と思うのも自然なことですが、なかなか諦め方がわからないものです。簡単に諦めることができるのなら、悩まないですよね。

    好きな人のことを諦めるためには、どんなことをすればいいのでしょうか。好きな人から振り向いてもらいたい気持ちをどのように解消すればいいのか、一緒に考えていきましょう。
  • 叶わない恋ってどんな恋?パターン別に解説

    叶わないと決めつけてしまうほどの恋には、どんなものがあるのでしょうか。自分と好きな人の間にどんな壁があるのか、俯瞰して考えてみましょう。しっかりと向き合ってみると、この恋はやはり諦めるべきだと再確認できるかもしれません。

    あなた以外にも、叶わない恋をしている女性はたくさんいます。パターン別にご紹介しましょう。

    恋人がいる男性を好きになった


    好きな人に彼女がいて、とてもうまくいっていそうな場合、叶わないと思ってしまいますよね。また、その男性がどんなに彼女の愚痴を言っていようと、付き合っているのだから会ってはいるはず。「今日も好きな人は彼女と一緒にいるのだろう」と考えるだけで、嫉妬と悲しみがやってきます。日常でもそうですし、バレンタインやクリスマスなど、イベントの日はなおさらですよね。

    さらに、好きな人の彼女とも知り合いで、容姿や性格を知っていたら、更にマイナスな感情が生まれてしまうのではないでしょうか。

    好きな人が既婚者だった


    最近では、不倫を扱うドラマが増えたように感じている人も多いはずです。芸能人の不倫についてのニュースも多くありますよね。だからといって、不倫が正当化されるわけではありません。好きな人が既婚者だった場合、恋が叶ってしまうと、それは不倫になる可能性が高いでしょう。

    既婚者と正式にお付き合いするには、相手が離婚しなければなりません。離婚するには、労力がとてもかかります。賠償金などが発生する場合もあります。社会的な問題がたくさんあるので、叶わない恋になる可能性は非常に高いでしょう。

    現在好きな人がいて、その人が既婚者の場合は、間違っても「不倫でもいいから付き合いたい」などと思わないようにしましょう。あなたも相手も、社会的な立場が危うくなる可能性が高いですよ。

    好きな人が遠くに行ってしまった


    まだ恋が報われていない状況で、好きな人が遠方に行ってしまったり、物理的には近くにいても、相手が有名人になって遠い存在になってしまったら、自分に目を向けてもらうのは難しくなってしまうかもしれません。また、新しい場所に行く好きな人に迷惑をかけたくなくて、遠慮してしまう場合もあるでしょう。

    特に相手が転勤などで遠くに行ってしまった場合は、新しい仕事に夢中で恋愛する余裕などないかもしれません。そんな状況ではアプローチしても報われないと思うのが当然です。そのまま叶わない恋を続けても、報われる日がくる保証はありません。

    恋愛ができる立場にない


    例えば、教師と生徒、医者と患者、アイドルとファンなど。社会的立場を考えると、恋愛することがタブーとされている間柄もあるでしょう。一方的に想いを募らせたとしても、残念ながら叶わないことの方が多いのではないでしょうか。

    尊敬できる立場の人に恋愛感情を持ってしまうのは、不思議なことではありませんよね。けれど、その恋は叶ってはいけないものかもしれません。もしも相手が同じ感情を持ってくれたとしても、お互いにその先に一歩を踏み出すのは容易なことではないでしょう。

    社会性を優先すると、叶わない恋であると言えます。

    好きな人の恋愛対象ではない


    好きになった人にとって、あなたは恋愛対象ではないかもしれません。人としての魅力に惹かれて恋愛感情を抱いたとしても、相手と性的指向が合わなかったら、きっと叶わない恋になってしまいますよね。

    例えば、あなたが同性愛者で相手は異性愛者であったり、あなたが好きになった人がアセクシュアル(恋愛をしない人)だったり、パターンは色々ありますが、社会的立場とは関係なく、その人の性愛対象にならないこともあるでしょう。社会的な禁忌関係よりも、報われる可能性はさらに低くなると言えます。