頭の回転が遅い人の特徴と原因|頭の回転を速くするための改善方法!

  • 「この人は頭の回転が遅いな」と思う瞬間

    他人に対して「この人は頭の回転が遅い」と思う瞬間は、大なり小なりストレスを感じるものです。自分の望んだペースを乱されることもありますし、効率が悪いと感じるだけでイライラする人もいるでしょう。

    どんな時に「頭の回転が遅い」と感じてしまうのか、よくある場面をご紹介していきます。

    何回も同じ説明をさせられてウンザリ


    「1回や2回ではなく、何回も何回も同じ説明をさせられる。『さっき言ったよね?何聞いてたの?』と言いたくなる気持ちをこらえてる」(32歳/男性/自営業)

    「難しいことを言ってるわけでもないんだから、1回で飲み込んでほしい。何回も同じ説明をするのって労力いるし、ストレス」(33歳/男性/営業職)

    何も分からない子供を相手にしているわけではないので、大人相手に同じ説明を何度もするのは根気のいること。1・2回までなら優しく教えられるという人も、何回も繰り返すようではさすがにイライラしてしまうようです。

    ちょっと考えるということをなぜしないの?


    「どうして自分で考えるということをしない?ちょっと考えればすぐわかることなのに『言われなかったからやらなかった』って、頭を使って欲しい…」(28歳/女性/OL)

    「社会人なんだから、一から十まで教えてもらえるなんて思わないで欲しい。専門的な扱いがあるわけでもないんだから、自分で考えるということをしてくれないかな」(30歳/女性/OL)

    これは、応用が出来ずに臨機応変に対応できない人に対して、起こりやすい意見でしょう。「ちょっと考えればわかることなのに…」ということでも、頭の回転が遅い人は、考えを巡らせることがありません。それでいて悪気がわるわけでもないので、周囲の人も扱いには困ってしまうことも。

    何故怒られているのか理解してない?


    「大きなミスを指摘しても、全然響いている様子がない。むしろ、何で怒られているのかがわかっていないみたい…」(33歳/男性/自営業)

    「何度も同じことで怒り、『分かりました!』と言うわりには、何度も同じことをやらかす。何がいけないのか、何で怒られているのか、全然わかってない!」(30歳/女性/飲食業)

    何回も同じことを言うだけでもストレスなのに、それが相手に全く響いていないとなれば、更なるストレスになります。それくらい、頭の回転が遅い人は『どうして言われているのか』という点がズレがち。理解できていないのに、自己解釈をしてしまうから、同じミスを何度も繰り返し怒られる原因になってしまうようです。

    結局何が言いたいのかよく分からない…


    「聞いた事に対する答えが返ってこないというか、話の要点がズレてしまっている気がする。最終的に何の話をしていたのかわからなくなる」(29歳/男性/公務員)

    「自分の中で話をまとめられていないようで、結局何が言いたいのかよく分からない。熱意は伝わってくるだけに、もったいない」(30歳/女性/プランナー)

    支離滅裂とまではいかなくても、頭の回転が遅い人は話を要約するのが苦手、それは人の話を聞くに限らず、自分が何を言いたいかという場合でも同じようです。相手に分かりやすいようにではなく、思いつくまま口に出しやすいので、聞いている側は「何が言いたいの?」となってしまうのでしょう。

    決めるまでが長すぎる…


    「もともと優柔不断気味な印象はあったけど、とにかく決めるまでが長い!決めるまでの間に『本当に考えてるの?』と言いたくなってしまう」(27歳/男性/書店店員)

    「頭の回転が遅いと思うのは、決断力がないと感じた時。早く決めて欲しいと思う時でも決まらず、最終的に『決められない』で終わることも多い…」(26歳/女性/フリーター)

    『どんな決断が最良なのか』誰もが考える事ですが、頭の回転が遅い人は一向に決めきることが出来ないようです。散々悩んだ挙句に決断できないで終わると、周りの人も振り回された感覚になり不快に思うのでしょう。