気持ち悪い女性の特徴はコレ!自分がならないための方法&注意点も

  • 気持ち悪い女にならないための方法と注意点!

    それでは最後に、気持ち悪い女にならないための方法と注意点について勉強しておきましょう。少し考えを変えるだけで“気持ち悪い女”から“いい女”に大変身出来るかもしれませんよ。

    身だしなみを整える


    女性ですから、やはり身だしなみを整えるのは大切です。髪や肌など、最低限のケアはきちんと行いましょう。身だしなみを整えれば、自然と明るい雰囲気を出す事が出来ますよ。

    また、意外と見落としがちなのが歯と爪。笑ったときに見える歯が黄ばんでいたり、ふと見えたときの指先の爪に汚れが溜まっていると、かなりのマイナスポイントになります。

    発言・行動の前に不快感を与えないか考える


    嫌われてしまう女性の特徴として、一番多いのが発言での失敗でしょう。言いたいことをすぐに口に出すのではなく、「相手はどう思うかな?」「自分が言われたらどう感じる?」と一度頭の中で整理してから発言するように心がけましょう。

    注意したいのはお酒を飲んだ時。酔っぱらうとついつい失礼な言葉を口に出してしまいがち。普段からストッパーをかけるクセを付けておきましょうね。

    「私って駄目な女…」と卑屈になりすぎない


    必要以上に卑屈な女性も、他人から見ると気持ち悪いと思われてしまいます。自分に自信がなくても、必要以上に自分を卑下する必要はありませんよ。褒められたら素直に受け止め、「ありがとう」と言えるようになりましょう。

    下を向いて過ごしていると根暗な女性だと思われてしまいます。コンプレックスがあるのなら「改善してやる!」と前向きな気持ちを持ちましょう。

    年齢に合った服装をする


    いくら性格が良くても、年齢に合わないチグハグな服装をしているだけで、かなりのマイナスポイントとなります。学生時代に買っていたブランドからは卒業し、年齢に合った服装へ変えていきましょう。

    どのような服を着たらいいのか分からない場合は、自分の年齢層に向けた雑誌を購入すれば、とても参考になりますよ。雑誌には服装だけでなくメイク術やヘアアヘンジ法も載っていますので、季節ごとに一冊は購入することをおすすめします。

    自分の感情をコントロール出来るようにする


    気持ち悪い女性の多くは、一時の感情で突っ走ってしまうもの。イケメンになりふりかまわずアピールしたり、寂しいから周りに「構って!」と言ってばかりでは、いつまでも気持ち悪い女性のままでしょう。

    一番大切なのは、自分の感情をコントロールし、他人に合わせることが出来る大人の女性になる事なのかもしれません。