気持ち悪い女性の特徴はコレ!自分がならないための方法&注意点も

  • 気持ち悪いと思われがちな女性の特徴《外見編》

    「気持ち悪い」というのは、女性にとってはかなりショックな評価ですよね。だからこそ、自分がそう思われないために対策することは重要です。まずは気持ち悪いと思われてしまう女性の特徴について見ていきましょう。

    不快に感じるポイントは人それぞれですが、気持ち悪いと言われてしまう女性には共通するポイントがあるんですよ。

    外見に清潔感がない


    男女関係なく、やはり単純に清潔感がない人は嫌われてしまいます。髪がボサボサでアブラっぽくてヌルヌルしていたり、服がいつもヨレヨレで汚れていたりすると、男性だけでなく同性からも避けられてしまうので、清潔感は何よりも大切です。そして清潔感が無いという事は、嫌なニオイを発してしまう可能性も高いでしょう。

    特に髪が長い女性は、手入れを怠るとパサパサになってしまい、不潔な印象を与えてしまうので気を付けましょう。

    若作りし過ぎな服装


    年齢を重ねるにつれて、露出が多い服装は控えた方が良いでしょう。学生の頃に着ていたような服装は、自然と似合わないようになっていくのです。

    年齢に合わない服をまとった女性は、おしゃれに見えないだけでなく、残念な印象を与えてしまいます。リボンやレースがたくさん付いたワンピースなどは、ある年齢を過ぎたら卒業するのが無難かもしれません。

    年齢に合わないチグハグな服装はのせいで、若作りしている気持ち悪い女性だと思われてしまうことがあるようです。

    ゴスロリなど個性が強すぎるファッション


    ゴスロリやロリータ、パンクロック風のファッションなど個性的な服装は人を選びますよね。もちろん似合っていれば良いのですが、ノーメイクでパンクロック風な格好をしていたり、アラフォーでロリータファッションなどは、本人のイメージと服装のバランスが取れていないため、異性からは気持ち悪いと思われてしまう可能性が高いでしょう。

    個性が強いファッションは、全体に取り入れるのではなく、靴やカバンなどのアイテム程度に抑えておくと、気持ち悪いと思われなくて済むかもしれません。

    太りすぎ・痩せすぎ


    女性の体型は様々ですし、ぽっちゃり好きな男性もいますし、スレンダーな女性が好きな男性もいますよね。好みは人によって様々です。

    しかし、不健康なほど太りすぎていたり、風が吹いただけで折れてしまいそうなほど痩せすぎているスタイルは、良い印象を与えないことがあるかもしれません。 太りすぎていると「汗をかきやすくて不潔」に見えてしまうこともありますし、ガリガリに痩せすぎている女性は、髪の潤いもなく色気が損なわれる恐れもあります。

    化粧が濃すぎる


    メイクで顔の印象はガラリと変わります。化粧が濃いと派手な印象になりますし、薄すぎると素朴な印象になります。

    気持ち悪いと思われてしまうメイクは基本的に「不自然さ」を感じるものが多く、目尻から大幅にズレたアイラインや、不自然な色のカラコン、また濃すぎるチークなどが挙げられます。時と場に応じて、メイク方法も合わせる必要があるのです。

    化粧だけでなく、香水の量にも注意が必要です。自分では鼻が慣れているため気づかないかもしれませんが、強すぎる香水の臭いは“香害”とも呼ばれ、他人に気持ち悪いと思われてしまう原因となります。