マンスプレイニングの意味とは?上から目線の男性の特徴と対処法!

  • 【男性向け】マンスプレイニングしないための予防策

    ここまでの女性たちの本音や経験談を踏まえて、男性として何をすべきなのかを、ぜひ考えてみてください。「女性には優しく接している」と親切にしたつもりが、実は一方的であることもよくあります。

    また、周りに高圧的な態度で女性に接している男性がいたときに、注意してあげられる存在になってください。では、マンスプレイニングしないための予防策をご紹介していきます。

    まずマンスプレイニングについて知る


    男性自身が「マンスプレイニング」という言葉の意味を正しく理解することが、とても重要です。「俺には関係ない」とスルーしてしまう男性は実に多いですが、その態度こそ女性たちを傷つけているかもしれません。

    アメリカでは、ハラスメント防止のために理解の輪が広まりつつあります。日本ではまだまだ認知されていませんが、1人でも多くの男性が自分の行動を見つめ直すことが大切です。もちろん、全ての男性がマンスプレイニングをしているとは誰も思っていません。ただ、心底困っている女性がいることをこの機会に知ってください。

    相手の性別で態度を変えない


    相手が女性だと分かると、急に強気な態度で話す人もいます。とくに声が大きくなったり、「そんなことも知らないの」と口に出してしまう人は危険です。そうでなくても、相手に誤解を与えるような言葉遣いや態度を取らないように配慮をしましょう。

    体育会系ノリも、女性にとっては「少し怖い」と思わせてしまうこともあります。身長が高い男性ほど女性は見上げることになるので、見下げられている気持ちになりやすいです。わざわざ腰を低くする必要はありませんが、ほんの少しの優しさが女性の心を軽くすることをぜひ知ってください。

    教えるのは相手に聞かれてから


    自ら「教えてあげよう」と乗り出すのはNGです。あくまでも「教えてほしい」と言われた時だけにしましょう。知っている情報を言いたくなる気持ちはわかりますが、相手にとってはそれが重荷になります。

    教える際にも、ポイントだけ簡潔に伝えることが重要です。必要以上に伝えてしまうと「うざい!」と思われてしまうことも。年齢が上がるにつれてくどい印象になってしまので、相手の反応を見ながら会話をするといいでしょう。

    相手の話をよく聞く


    マンスプレイニングを予防するために最も重要なのが、相手の話をよく聞くことです。女性は男性を目の前にすると、遠慮して言えなくなることがあります。その態度を「話を聞いてくれている」と思い込むのはNG。

    言葉のキャッチボールがきちんとされていれば、相手の女性は不快になりにくいです。心の中で「女のくせに」と思っていれば、それは態度からにじみ出てしまい相手に伝わります。女性に対して苦手意識がある人こそ、相手の気持ちを知ることが大切です。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)