マンスプレイニングの意味とは?上から目線の男性の特徴と対処法!

  • うざい!マンスプレイニングされた経験談

    ここからは、実際にマンスプレイニングされた女性たちの体験談をご紹介します。一体どんな態度や行動を取られたのか、リアルなところに教えてもらいましょう。どれも「わかる!」と思わず共感するものばかりです。身近な男性のマンスプレイニングに困っている女性は、みんなの体験談から撃退法を見出していきましょう。

    「スマホ買い替えようかな」と言っただけなのに…


    「バイト先でふと『スマホ買い替えようかな』って呟いただけなのに、横にいた男の先輩から最新機種の機能を延々と語られて困りました…。もう二度と言わないことを誓います!」(22歳/女性/カフェ店員)

    ガジェット好きな男性に思わずマンスプレイニングされてしまった経験が、一度や二度どころか、何度もあるという女性は多いのではないでしょうか。聞いてもいないのに張り切って説明されればされるほど、ドン引きしてしまいますね。

    興味ないことを延々と話し続ける同僚


    「同僚は何かと話題を振ってきては、延々と話し続けるんです。正直、何の興味も持てない儲け話とかばかり。話しかけられないようにビクビクしています」(29歳/女性/製造業)

    相手は明らかに興味がなさそうなのに、一方的に喋り続ける男性っていますよね。相手の反応などお構いなしなのが、マンスプレイニングをする男性の特徴です。その話を聞かずに済む対策を取った方が良さそうです。

    上から目線でしか話さない取引先


    「会う度に、人を小馬鹿にするような態度で接してくる取引先の人がいるんです。女を見下げたような態度にストレスが溜まります」(26歳/女性/営業職)

    相手が女性だとわかった途端に、上から目線で話す男性は多いです。ビジネスの場ではまだまだ男女の格差が問題になっていますが、マンスプレイニングを取る男性への対処は難しいですね。こんなふうにじっと耐えている女性はたくさんいます。

    関係ない話題なのにSNSで絡んで来る男性


    「SNSで、どう考えても共通点がない男性からコメントを送られると困るんですよね。気を遣って返信すれば、さらに返信してきたりして。面倒くさがっているのを察して欲しいです!」(22歳/女性/レストラン勤務)

    SNSでも、「教えてあげよう」というニュアンスの一方的な男性コメントは目立ちます。ネット上でもマンスプレイニングしてしまうのは、ほかに話を聞いてくれる人がいないからかもしれません。SNSは若い女性に気軽に接することができるため、絡みたい男性にとっては格好の場なのでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)