マンスプレイニングの意味とは?上から目線の男性の特徴と対処法!

  • マンスプレイニングをする男性への対処法

    では、マンスプレイニングをされた時は、一体どう対処すればいいのでしょうか。相手が職場の人間なら、日常的にマンスプレイニングに遭ってしまう可能性もあります。そのたびにイライラするのはとても辛いですよね。

    大人として付き合っていかなければならない状況ならば、こんなふうに賢い態度で乗り切ってみませんか?ここでは、マンスプレイニングをする男性への対処法について、いくつかご紹介していきます。

    話をそれとなく聞き流す


    説教したがる男性は、話を聞いて「へえ!」と言ってもらえれば、ほぼ満足します。承認欲求を満たしたくてマンスプレイニングをしているので、聞く側はさも「聞いています」という態度を見せれば、たいがいの場面は乗り切れるものです。

    相手が目上の男性なら、「そうなんですか」などと相づちを入れつつ、さらりと聞き流してみましょう。笑顔で受け答えをすることさえ忘れなければ、「ちゃんと聞け」と咎められることもありません。コミュニケーションが苦手な人も、うまく聞き流す術を身につけると、いろいろな場面を乗り切れるようになります。

    一定の距離感を保つ


    会うたびにマンスプレイニングしてくる男性には、今以上に深入りしないことが重要です。イラッとする高圧的な態度を取られると、つい「でも…」と反論したくなるものですが、その行動は逆効果になります。

    こちらの反論を上書きしようと、さらに挑んでくるでしょう。マンスプレイニングをエスカレートさせないためにも、一定の距離感を取ることが大切です。LINEやメールもすぐに返信せず、少し様子を見ながら付き合う工夫をしてみてください。

    適度に話を切り上げる


    マンスプレイニングをされていると感じたら、「お話しできてよかったです。これから用事があるので失礼します」とうまく話を切り上げて、その場を立ち去りましょう。うっかり話を聞き続けてしまえば、その男性に「俺の話に興味があるんだ」と勘違いさせてしまいます。

    一度でも丁寧に話を聞いてしまえば、会う度に延々と聞かされるハメにもなりかねません。立ち去ることに躊躇せず、笑顔で「失礼します」とその場を離れることがポイントです。中途半端な態度を取るよりも、潔い態度で対処しましょう。

    冷静に観察する


    人をイラっとさせる態度でマンスプレイニングをする男性は、なぜそんなことばかりするのでしょうか。辛抱強く話を聞くよりも、説教したがる心理の謎を解き明かして、気を逸らしてみてください。マンスプレイニングをする男性を一歩下がった目で観察すると、「自分に自信がないのかな」「モテないんだろうな」と欠点を見つけることができます。

    弱い部分を見つけていくと、偉そうな態度もまるで必死に頑張っているかのように見えるでしょう。すると「なんだ、たいしたことないな」と思えるようになり、ストレスも幾分マシになるのではないでしょうか。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)