マンスプレイニングの意味とは?上から目線の男性の特徴と対処法!

  • マンスプレイニングをする男性の特徴2

    マンスプレイニングをする男性は、学校や職場のみならず、どこにでも存在しています。中には、もはやハラスメントなのでは?と思う態度を取る男性もいますよね。女性があげる「嫌いな男性」のタイプには、マンスプレイニングをする男性ばかりが候補になっているのは間違いありません。そんな、マンスプレイニングをする男性の特徴はまだまだあるので見ていきましょう。

    知らないのに知ったかぶりをする


    こちらが男性に何かを話すと、「もちろん知ってる」という態度ばかり取る男性がいますよね。実は詳しくないのに知ったかぶりをするのも、マンスプレイニングをする人の特徴です。自分が好きなジャンルの話題ではないはずなのに、「ああ、それね!」と博識であることをアピールして、下に見られることを防ごうとします。

    マンスプレイニングをするには、いつも知識を仕入れておかなければなりません。ですが、専門外のことまで情報収集することなどできるはずはないのです。だからつい、知ったかぶりな態度取ってしまうことも多いです。

    それが親切だと思い込んでいる


    マンスプレイニングをしたがる男性は、教えてあげることが親切だと思い込んでいる節があります。聞かれてもいないのに、「それはこうだよ」と前のめりな態度で話に割り込んでしまうこともしばしば。それが出過ぎた態度であることに気づくことはできません。むしろ、親切なことをした気持ちで満たされています。

    女性も最初こそは、教えてくれる男性に対して「親切だな」と思ったりしますよね。でも、予想以上に話が長くてウンザリしてしまいます。その空気を察してくれないのが、マンスプレイニングをしてしまう男性の特徴的なポイントです。

    女性ばかりに言いたがる


    マンスプレイニングをする男性の多くは、女性を相手に行動を取ります。自分が優位に立てそうな相手を無意識に選んでいるので、同性よりも女性へ向かいがち。それも弱そうに見える女性ほどターゲットになりやすいです。中には、あえて気の強そうな女性を狙い、強気な態度で言いくるめることを楽しむ男性の姿も見られます。

    学歴で人を判断する


    いつもマンスプレイニングをする男性は、知識が豊富なほど人の価値が上がり、高学歴であることが重要だと考えていることがあります。「そんなことも知らないの」と口にする男性ほど、その傾向があると言えるでしょう。学歴を聞きたがる男性も、マンスプレイニングをしてしまう傾向にあります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)