マンスプレイニングの意味とは?上から目線の男性の特徴と対処法!

「マンスプレイニング」という言葉をご存知でしょうか。この言葉は知らなくても、男性から上から目線で説教された経験はあるのでは?マンスプレイニングとは、女性なら誰もが経験している「男性の高圧的な態度」を表した言葉です。この記事では、マンスプレイニングの詳しい意味や、マンスプレイニングをする男性の特徴、そして対処法まで、とことん迫りました。

  • 「マンスプレイニング」って一体なに?

    「マンスプレイニング」という言葉を聞いたことありますか?聞いたことはなくても、この言葉が当てはまる目に遭ったことはあるはずです。それも、女性なら誰しも経験しているであろう現象を、この言葉は意味しています。

    女性がこの言葉を使いたくなる場面は、「あの男、うざい!」と感じてしまう瞬間ばかりです。まずは、「マンスプレイニング」とは一体どういった意味なのか、確かめていきましょう。

    マンスプレイニングの意味


    マンスプレイングとは、「man(男)」と「explain(説教する)」を縮めてできた動名詞「mansplaining」のこと。「女性を見下しながら説教したがる男性」という皮肉めいた言葉として、ニューヨーカーやSNSでジワジワ広まりました。

    きっかけになった本『説教したがる男たち』


    マンスプレイングが広まるきっかけになった、レベッカ・ソルニットのエッセイ『説教したがる男たち(Men Explain Things to Me)』という一冊の本があります。説教という言葉の暴力を、世の女性たちが日常的に受けている事実に多くの人が共感しました。

    実際に起きているジェンダー問題を知り、フェミニズムを改めて考える機会になる内容です。男性自身がマンスプレイングに気づくきっかけになる本としても話題にもなりました。

    しかし、本の中に「マンスプレイニング」という言葉は一度も登場していません。内容そのものがマンスプレイニングである、と後付けされたことが、この言葉が広まるきっかけになったと言われています。
  • マンスプレイニングをする男性の特徴1

    マンスプレイニングされた経験がある女性は、その男性の特徴を思い出してみてください。イライラする態度を取る男性には、いくつかの特徴があります。もしこれを男性自身が読んでいるのであれば、心当たりがないか胸に手を当てて一度考えてみてください。

    態度や声が大きい


    どこか横柄な態度を取るのが、マンスプレイニングをやってしまう男性の大きな特徴です。女性を相手にマウントを取りたがり、高圧的な力で押さえつけるために、声も大きくなってしまう人が多く見られます。

    普段は大人しくても、お酒の力を借りて説教したがる男性も多いですね。こういった態度を取る男性は目つきも冷たかったりするので、女性に対する偏見を持っているのでは?と疑ってしまうものです。

    頼まれてもいないのに教えたがる


    マンスプレイニングをしてしまう男性の多くは「教えたがり」です。ウンチクや雑学を披露することで人より優位に立ちたいと日頃から考えていますが、その機会はなかなかやってきません。

    そんな時、話を聞いてくれそうな女性がいれば、頼まれてもいないのに「教えてあげよう」と女性の前でベラベラと話し始めるのです。そんな男性の長い話にウンザリしている女性は数多くいるでしょう。

    相手の気持ちを無視する


    マンスプレイニングされた女性がイライラするのは、男性がこちらの気持ちを全くもって無視しているからです。説教したがる男性は、相手がどう受け止めるかなど考えていません。一方的な態度であることに気づけないことが、マンスプレイニングをしてしまう人の特徴です。

    相手の気持ちを無視してしまう男性は、たとえ相手が女性でなくても、コミュニケーションが取りにくいものです。自覚さえすれば改善できますが、そのまま年を取ってしまう男性の方が多いと言えるでしょう。

    自慢話ばかりする


    マンスプレイニングをしている時の男性は、どや顔で「すごいだろう」と言わんばかりの態度を取っているのが特徴です。聞かれてもいないのに自慢話ばかりしている行動は、身近な場所でよく見られますよね。

    自分がいつも人より優位に立ち、周囲から羨ましがられることで、承認欲求を満たしているのです。そんな時に自分よりも優れている人が現れると、夜も眠れないほど悔しがってしまうところもあるようです。そんなところも、マンスプレイニングをしてしまう男性の欠点でもあり、見ていてイタい部分です。