好きな気持ちを伝えたい!【男女別】好きな人に気持ちを伝える方法

気になる異性がいたら「この好きな気持ち、どうしたらいいの!」と悶々としますよね。伝えることができれば良いですが、失敗した時のことを考えるとなかなか勇気が出ないかもしれません。そこでこの記事では、好きな人に上手に気持ちを伝えるコツを男女別にご紹介します!

  • 好きな気持ちを伝えることはとても大切

    好きな気持ちを伝えられずに悶々としていませんか?人を好きになったら、その気持ちを抱えたままでは辛いですよね。なんとか上手に伝えて相手に受け入れてほしいところ。

    しかし、受け入れてもらえるかどうかはやって見なければ分かりません。そのため、拒絶されることを恐れて好きな気持ちを伝えられない人も多いのではないでしょうか。

    ということでこの記事では、好きな気持ちを上手に伝える方法を伝授します。ぜひ参考にして、憧れのあの人に気持ちを伝えちゃいましょう!
  • 好きな気持ちを伝える方法【女性編】

    まずは好きな気持ちを伝える方法の女性編です。気になる男性に好きな気持ちを伝えるにはどうすればよいのでしょうか?

    直接伝える


    面と向かってはっきり伝えるという、ある意味男らしいともいえる方法ですね。しかし、女性だからこそこの方法で、男性に好きな気持ちを伝えるべき理由があります。

    その理由は、男性には鈍感な人が多いからです。基本的に男性は、女性ほど相手の気持ちを察知する能力に長けていません。もちろんそういうのが得意な男性もいますが、一般論としては苦手な人が多いです。

    したがって、遠回しに好きな気持ちを伝えるとうまくいかないことがあります。確実にこちらの気持ちが伝わるように、はっきりとした言葉で伝えましょう。


    LINEで伝える


    LINEで伝えるという方法もあります。直接伝えるのが恥ずかしいという場合にはLINEを活用してみましょう。直接伝えるのと違って、伝える内容を何度も見直すことができるのが良いですね。

    ただし、これは相手を選ぶ手段でもあります。なぜなら、直接伝えてくれないと本気度が感じられないという男性も少なくないからです。直接伝えたほうが気持ちが伝わるのは、男性も女性も変わらないといえるでしょう。

    逆に、もし相手がそういうことにこだわらないタイプであったり、シャイな男性であればLINEで好きな気持ちを伝えるのもアリ。お互いの関係を踏まえて選択しましょう。

    手紙で伝える


    これは直接伝える方法とLINEで伝える方法の中間的な手段ですね。手紙を渡すのはLINEを送るよりも勇気がいります。しかし、文章は何度でも考え直せるので、直接言葉で好きな気持ちを伝えるよりは緊張せずに済むはずです。

    また、手書きの手紙だとLINEよりも気持ちが伝わりやすいのが魅力。デジタルの活字に慣れているからこそ、直筆だと特別感が感じがれるはずです。

    ただし、手紙だからといってあまり調子に乗らないように注意しましょう。LINEや対面で伝えるのと違い、すぐに相手の手元に渡るわけではないのでつい色んなことを書いてしまいがちですが、あまり言葉を重ねすぎると引かれるかもしれません。


    褒める


    「好き」という言葉を使わなくても、自分の好きな気持ちを相手に伝えることはできます。できればはっきり伝えたほうが男性は喜んでくれるでしょうが、それが難しい場合は別の表現も使ってみましょう。

    たとえば、男性は褒められるのが好きです。基本的にプライドが高い傾向があるため、褒めてあげるとだいたい喜びます。そして、これは「普段からあなたのことを見ている」「好意的に評価している」というメッセージを伝えることにもなります。

    初めは好きな気持ちとしては伝わらないかもしれません。しかし、彼はあなたと一緒にいることに居心地の良さを感じ、もっと一緒に居たいと思ってくれるようになるでしょう。

    嫉妬で伝える


    これは遠回しな伝え方ですが、男性にも好きな気持ちが伝わりやすい方法です。少しがっかりした調子で「○○ちゃんと仲がいいんだね?」といった風に言えば、男性は「もしかして嫉妬なのか…?」と勘付いてくれるかもしれません。

    ただし、あまりはっきりと不満を口に出すのはNG。いきなり重たい気持ちをぶつけられると男性は引きます。これは付き合ってからも同じなので、できるだけマイルドに伝えるように心がけましょう。

    とにかく一緒にいる


    人は接触回数が多い相手に好意を抱く傾向があります。これは心理学で単純接触効果と呼ばれていて、かなり高い効果をもたらすことが知られています。

    そのため、自分から好きな気持ちを伝えるのが難しい場合は、とにかく一緒にいることを心がけましょう。相手にとって自分と会うことが日常になれば理想的です。

    また、男性には恋愛に対してドキドキ感よりも、一緒にいて気持ちが安らぐことを求める人が多いです。そのため「この子と一緒にいると居心地がいい」と思ってもらえれば完璧と言えるでしょう。