めんどくさがりな人の特徴と心理|診断チェックや改善方法も紹介!

めんどくさがりな人の振る舞いを見て、「なんでそんなにめんどくさがりなの!?」と絶句したことはありませんか。あるいは、自分はめんどくさがりだと自覚していて、できれば直したいと思っている人も多いでしょう。今回は、「めんどくさがりな人」の生態に迫ってみました。めんどくさがりな人の長所や短所、めんどくさがりを直す方法も紹介します。

  • めんどくさがりな人ってどんな人?

    あなたの周りに「めんどくさがりな人」はいますか?

    めんどくさがりな人は、そうでない人から「なぜそんなに面倒だと思うんだろう「もっとちゃんとすればいいのに」と疑問に思われることが多いです。めんどくさがりな人の姿を見て、少しイライラしてしまう人も少なくはないでしょう。

    「めんどくさがり」の意味


    まずは「めんどくさがり」の意味に触れてみましょう。

    めんどくさがりとは、正確には「面倒くさがり」で、何事も面倒だと思ってしまう人のことを指します。他の言葉を使うならば、何に対しても後ろ向きで、億劫だと感じてしまう人、とも言えるでしょう。

    めんどくさがりな人はいつも気怠げな雰囲気


    全員に当てはまるわけではありませんが、めんどくさがりな人は、基本的にいつも気怠げな雰囲気を醸し出しています。見る人によっては「ダラダラしている」「やる気がなさそう」というような印象を受けるでしょう。

    そういった一面は、お世辞にも好印象を与えるものとは言えません。そのため、めんどくさがりな人の多くは、周りからやや悪い印象で見られることのほうが多いと言えるでしょう。

    何を考えているかわからないと思われることも多い


    何事においてもめんどくさそう態度を見せるため、周りからは「なぜそんなにめんどくさがりなの?」と疑問に思われることがよくあります。人によっては、めんどくさがりな人を見て「面倒だと思っているうちに片付ければいいのに、なんでやらないの?謎!」と思ってしまうでしょう。

    このように、めんどくさがりな人は、そうでない人から「この人は何を考えているかわからない」と思われがちなのです。

    周りから理解されにくい


    「何を考えているかわからない」と思われることが多いめんどくさがりな人は、周りからは理解されにくいと言えるでしょう。親しい人や、めんどくさがりな人の考え、好みなどを知っている人ならば、「これは面倒だと思うだろう」「これくらいならば大丈夫だろう」という予想がある程度できます。

    しかし、めんどくさがりな人は、人付き合いに対しても消極的な一面を見せるため、理解してくれる人が少ない場合も多いです。

    もともと、めんどくさがる様子は人に良い印象を与えるものではないため、めんどくさがりな人は苦手意識を持たれたり、嫌われたりすることも多いかもしれません。